「民法第820条」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(新しいページ: '法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)民法第820条 ==条文== (監護及び教育の権利...')
 
編集の要約なし
[[法学]]>[[民事法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第4編 親族 (コンメンタール民法)]]>[[民法第820条]]
 
==条文==
(監護及び教育の権利義務)
;第820条
 
第820条
: [[w:親権]]を行う者は、子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う。
 
 
==参照条文==
 
----
{{前後
|[[コンメンタール民法|民法]]
|[[第4編 親族 (コンメンタール民法)|第4編 親族]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#4|第4章 親権]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#4-2|第2節 親権の効力]]
|[[民法第819条]]<br>(離婚又は認知の場合の親権者)
|[[民法第821条]]<br>(居所の指定)
}}
 
{{stub}}
匿名利用者

案内メニュー