「民法第860条」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
[[法学]]>[[民事法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第4編 親族 (コンメンタール民法)]]>[[民法第860条]]
 
==条文==
([[w:利益相反行為]])
;第860条
 
第860条
: [[民法第826条|第826条]]の規定は、後見人について準用する。ただし、後見監督人がある場合は、この限りでない。
 
 
==参照条文==
 
----
{{前後
|[[コンメンタール民法|民法]]
|[[第4編 親族 (コンメンタール民法)|第4編 親族]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#5|第5章 後見]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#5-3|第3節 後見の事務]]
|[[民法第859条]]<br>(財産の管理及び代表)
|[[民法第861条]]<br>(支出金額の予定及び後見の事務の費用)
}}
 
{{stub}}
匿名利用者

案内メニュー