「民法第817条の2」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
M編集の要約なし
編集の要約なし
[[法学]]>[[民事法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第4編 親族 (コンメンタール民法)]]>[[民法第817条の2]]
 
==条文==
([[w:特別養子]]縁組の成立)
;第817条の2
 
第817条の2
# 家庭裁判所は、[[民法第817条の3|次条]]から[[民法第817条の7|第817条の7]]までに定める要件があるときは、養親となる者の請求により、実方の血族との親族関係が終了する縁組(以下この款において「特別養子縁組」という。)を成立させることができる。
# 前項に規定する請求をするには、[[民法第794条|第794条]]又は[[民法第798条|第798条]]の許可を得ることを要しない。
 
==解説==
*民法第817条の3(養親の夫婦共同縁組)
*[[民法第817条の4]](養親となる者の年齢)
*[[民法第817条の5]](養子となる者の年齢)
*[[民法第817条の6]](父母の同意)
*民法第817条の7(子の利益のための特別の必要性)
 
*[[民法第794条]](後見人が被後見人を養子とする縁組)
*[[民法第798条]](未成年者を養子とする縁組)
 
==判例==
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=25604&hanreiKbn=01 親子関係不存在確認](最高裁判例 平成7年07月14日)[[民法第779条]]、[[民法第817条の9]]
 
----
==参照条文==
{{前後
|[[コンメンタール民法|民法]]
|[[第4編 親族 (コンメンタール民法)|第4編 親族]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#3|第3章 親子]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#3-2|第2節 養子]]
|[[民法第817条]]<br>(離縁による復氏の際の権利の承継)
|[[民法第817条の3]]<br>(養親の夫婦共同縁組)
}}
 
{{stub}}
匿名利用者

案内メニュー