「刑事訴訟法第350条の18」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
M
→‎条文: 誤記訂正
(条文)
 
M (→‎条文: 誤記訂正)
 
==条文==
;第350条の24
: 即決裁判手続の申立てがあった場合において、被告人に弁護人がないときは、裁判長は、できる限り速やかに、職権で弁護人を付さなければならない。
 
1,411

回編集

案内メニュー