「政治学概論」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
市場社会主義の加筆
(国家社会主義、社会資本主義の加筆)
(市場社会主義の加筆)
==== 市場社会主義 ====
[[ファイル:Gorbatschow DR-Forum 129 b2.jpg|thumb|right|150px|ミハイル・ゴルバチョフ(1931年生まれ)はソヴィエトの政治指導者。モスクワ大学卒業後にソ連共産党に入党し、書記長としてペレストロイカを推進したソ連時代最後の政治指導者であった。従来の計画経済の路線を修正して市場の規制緩和を進め、ソ連の社会主義経済の改革に努めた。著作には『ペレストロイカ』、『ゴルバチョフ回顧録』などがある。]]
市場社会主義(market socialism)とは国家社会主義と比べれば社会主義に市場の競争原理を導入した経済体制として特徴付けられる。このような経済体制の歴史的事例としては1940年代におけるスターリンからチトー政権の間のユーゴスラヴィアや1956年以後のハンガリーなどが挙げられる。同じような考え方はソビエトでもゴルバチョフによって1985年から1990年にかけて実施され、その計画は経済再建を意味するペレストロイカと呼ばれた。ペレストロイカでは中央計画組織のが存続していたものの、企業による自己経営の範囲が拡張された。市場社会主義の経済体制は市場競争に対して自己管理を調整させることであるが、資本主義体制と決定的に異なる点は市場に労働者が存在しないことである。労働力はもともと特定の企業に配分されているために、正規の労働市場が存在せず、企業は事業の規模を拡大するために労働力を補填することができない。市場社会主義では各企業がある程度の自主的な経営を可能とすることで、市場で自己利益を追求するための競争を部分的に導入している。
 
==== 第三の道 ====
360

回編集

案内メニュー