「生活と進路」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
「少子化の流れの中で、大学は現在希望者全員入学の時代を迎えたが、」「学術研究分野での国際的成果が少ない。」←デタラメを書くな! 訂正しといた。
(「少子化の流れの中で、大学は現在希望者全員入学の時代を迎えたが、」「学術研究分野での国際的成果が少ない。」←デタラメを書くな! 訂正しといた。)
 
==== 高等教育 ====
 
【教養水準】
 
* 大学(大学校)
 
: 中等教育のすべてをマスターしていることを前提に、最高レベルの学問をする場所(最高学府)である。卒業すると学士の学位が授与され、少しは実務にも触れているということから、各種の国家資格試験などで有利な取りはからいを受けることがある。多くは4年制で、医学、獣医学、歯学、一部の薬学は6年制であるが、最近の国際化の流れの中で就学年数は延びる傾向にある。また、その上に大学院(修士課程、博士課程)や大学院大学などが設置されている。文部科学省の管轄下にあるものを大学、それ以外のものを大学校(例:防衛大学校、能力開発大学校、気象大学校など)と呼ぶ。
 
: 大学で行われている学問は基礎から応用まで多種多様である。大学で学ぶには、まず、自分の能力・適性を知り、学びたい分野を明確にすることが重要である。社会が複雑化と科学の発展とにより、学問分野は分化・専門化の傾向にあり、分野間の断絶が激しい。また、明治以来の近代化の中で、職業や実用のための「実学」が学問だと誤解されてきたため、基礎研究に対す評価が低く、学術研究分野での国際的成果が少ない
 
少子化の流れの中で、大学は現在希望者全員入学の時代を迎えたが、大学で学ぶには、まず、自分の能力・適性を知り、学びたい分野を明確にすることが重要である。
少子化の流れの中で大学は昔よりかは合格しやすくなったと俗に言われるが、中堅以上の大学は合格が難しいのが現実である。
 
* 短期大学
: 短期の大学であり、2年または3年の大学である。学ぶことは、短期で資格を得ることが可能な分野が多い。少子化と教育学問分野の多様化の中で、自らの立場の発見に苦慮している
 
* 高等専門学校
: 専修学校よりも設置基準が緩い学校で、学ぶ期間は3か月以上である。
 
学術・専門研究職水準】
 
* 大学院
 
: 学問を大学よりも更に深く学んだり、高度な学問を用いた職業上の能力を身に着けるためにある。修士課程・博士前期課程、一貫制博士課程、博士後期課程、専門職学位課程などがある。このうち、専門職学位課程では、国家資格の取得に修了が求められていたり、修了すると国家試験の免除が受けられることがある。
 
=== 各学校の入学資格 ===
満3歳から小学校の就学の始期に達するまでの人が入学できる。
==== 小学校 ====
満6歳以上の人が入学できる。法律には規定はないが、12歳を過ぎると、年齢が上がるほど入学が難しくなるといわれている。
==== 中学校・中等教育学校の前期課程 ====
義務教育期間(6歳から15歳まで)の人は、小学校などの課程を修了した人のみが入学できる。義務教育期を過ぎた人は、小学校などを修了していなくても入学できる。
17,726

回編集

案内メニュー