「刑法第35条」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
M
過剰マークアップ除去
M (過剰マークアップ除去)
; 第35条
: 法令又は正当な業務による行為は、罰しない。
 
 
== 解説 ==
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=51193&hanreiKbn=02 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律違反](最高裁判例 昭和59年02月24日)[[私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第1条|私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「独禁法第」という。)1条]],[[私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第2条|独禁法第2条]]6項,[[私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第8条|独禁法第8条]]1項,[[私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第33条|独禁法第33条]],[[私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第85条|独禁法第85条]]3号,独禁法85条3号,[[私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第89条|独禁法89条1項(昭和52年法律第63号による改正前のもの)]],[[私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第95条|独禁法95条1項(昭和52年法律第63号による改正前のもの)]],[[私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第96条|独禁法96条]],憲法14条,憲法31条,憲法32条,憲法77条1項,商法124条,商法406条,商法408条,商法415条,商法427条,商法430条1項,刑訴法239条,刑訴法241条,刑訴法339条1項4号,刑訴法490条1項,刑訴規則58条,通商産業省設置法3条2号,石油業法3条,石油業法4条,石油業法7条,石油業法15条,法人ノ役員処罰ニ関スル法律
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=50081&hanreiKbn=02 未成年者略取被告事件](最高裁判例 平成17年12月06日)[[刑法第224条]],[[民法第818条]],[[民法第820条]]
----
---------------------------------
{{前後
|[[コンメンタール刑法|刑法]]
|[[コンメンタール刑法#1|第1編 総則]]<br>
[[コンメンタール刑法#1-7|第7章 犯罪の不成立及び刑の減免]]<br>
|[[刑法第34条の2]]<br>(刑の消滅)
|[[刑法第36条]]<br>(正当防衛)
1,435

回編集

案内メニュー