「高等学校数学I/2次関数」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
:すべての実数<math>x</math> に対して、<math>x^2\geq 0</math>。等号成立は<math>x=0</math>のときのみ。
 
またゆえに関数<math>a>0y=x^2</math> のときの最大値や<math>a<x=0</math> のとき最小値0をとり、最大値は存在しない。
 
しかし、定義域が実数全体ではなく、ある区間であれば二次関数が最大・最小をともに持つ場合がある。次の例題を解きながら考えてみよう。
これがさらに一般の二次関数の場合にはどうなるか、また、定義域を数直線の一部の区間に限定した場合にはどうなるか、次の例題を解きながら考えてみよう。
 
====例題====
295

回編集

案内メニュー