解析力学 はじめに

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メインページ > 自然科学 > 物理学 > 解析力学 > 解析力学 はじめに

はじめに[編集]

解析力学はニュートン力学の内容をより汎用的に使える形に定式化し直したものである。 例えばデカルト座標でのニュートンの運動方程式を極座標系へ書き直すととても煩雑になる。 この困難をさけるため、解析力学では任意の座標系で、より一般的な形でのニュートンの運動方程式を得ることができる。

特に物理系の対称性を見る場合にこれが用いられることが多い。 また、多くの物体が関わる問題に対しても使われることがある。

また、この部分で定義される用語は量子力学や、電磁気学など他の分野でも多く使われるため、カリキュラムの中では、重要な位置を占める。