防災 台風

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

防災 > 台風

Typhoon mindulle and tingting 2004 june 30.jpg
太平洋上の台風200407号と台風200408号

台風(たいふう)による被害は、東アジア、東南アジア、中米などで多く発生してきました。日本にも過去数多くの台風が来襲し、大雨や暴風による被害がたびたび出ています。ここでは、台風に対する備えと被害への対処、注意点などを紹介します。 ここのページに記載されている情報は日本での台風に対する備えです。日本以外についてもこのページの情報を参考にすることが出来ますが、台風への警報体制や予報などが異なるため、日本以外については参考程度にするようお願いします。

台風襲来前の準備[編集]

台風が自分の住んでいるところにやってくるとの予報が出たら、台風の予想進路や接近する時間、接近時の強さ(勢力)などを確認し、準備を始めましょう。

台風のパターンはさまざまです。雨が強いもの、風が強いもの、進行が遅いもの、台風の中心から離れていても風が強いものなどいろいろな特徴があるので、テレビやラジオなどの情報を参考にしてください。

風に対する対策としては、屋外の植木鉢や置物など飛ばされやすい物を倉庫などの屋内に片付け、大きくて倒れたり落ちたりしやすい物干し竿を固定しておくなどの対策が必要です。また、窓が割れた際の飛散防止として、飛散防止フィルムやガムテープ(Xの形)を張るなどの対策も必要に応じて行ってください。

台風接近時の対処[編集]

台風の接近時には、屋外に出るのを避け、どうしても出なければならない場合は落下物や飛んでくる物に注意しながら、風を受けにくいように体を風向に対して平行にし、傘などはなるべく差さないように心がけてください。

台風通過後の行動[編集]

山に近いところでは、短時間に多量の雨が降るため土砂災害などの二次災害に遭う危険性もあります。危険を感じた時は速やかに避難所に行くといいでしょう。

注意点[編集]

普段からの備え[編集]

台風に関する情報源[編集]

ウィキペディア[編集]

外部リンク[編集]

関連情報[編集]

防災の教科書
地震 台風 大雨・洪水 大雪 火災 火山