非訟事件手続法第76条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール非訟事件手続法

原文は、カタカナで書かれている。新非訟事件手続法第88条第2項および第3項が対応する。

条文[編集]

(代位許可の告知)

第76条
  1. 申請を許可したる裁判は職権を以て之を債務者に告知すへし
  2. 前項の告知を受けたる債務者は其権利の処分を為すことを得す

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
非訟事件手続法第75条
(代位の許可)
非訟事件手続法
第2篇 民事非訟事件
第1章 裁判上ノ代位ニ関スル事件
次条:
非訟事件手続法第77条
(即時抗告)


このページ「非訟事件手続法第76条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。