高等学校化学I/金属元素の単体と化合物/遷移金属/銀

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金属元素 アルカリ金属元素 2族元素 典型金属 遷移金属
        Cu Ag Au/Pt Fe Cr/Mn

[編集]

銀の単体

Ag は白色の金属光沢をもつ金属である。熱伝導性と電気伝導性が、すべての金属の中で、銀が最も高い。

銀イオンの水溶液は無色であるが、水酸化ナトリウム水溶液、または少量のアンモニア水を加えると、酸化銀(I) Ag2O の褐色沈殿を生じる。

2Ag+ + 2OH- → Ag2O↓ + H2O

この沈殿に、さらに過剰のアンモニア水を加えると、沈殿が溶けてジアンミン銀(I)イオン [Ag(NH3)2]+ を生じ、無色の水溶液となる。

Ag2O + 4NH3 + H2O → 2[Ag(NH3)2]+ + 2OH-

銀イオン水溶液にクロム酸水溶液を加えると、クロム酸銀の赤褐色沈殿を生じる。

2Ag+ + CrO42- → Ag2CrO4

銀イオン水溶液に硫化水素を通じると、硫化銀の黒色沈殿を生じる。

2Ag+ + H2S → Ag2S↓ + 2H+
  • ハロゲン化物イオンとの反応

銀イオン水溶液に塩酸HClを加えると、塩化銀の白色沈殿を生じる。塩酸に限らず、ハロゲン化水素の水溶液を加えると、ハロゲン化銀の沈殿を生じる。

Ag+ + Cl- → AgCl↓(白色)
Ag+ + Br- → AgBr↓(淡黄色)
Ag+ + I- → AgI↓(黄色)
  • ハロゲン化銀

フッ化銀 AgF 以外は、水に溶けにくい。塩化銀は、アンモニア水に溶ける。

また、ハロゲン化銀は、光を当てると、分解して、銀が遊離する。この性質を感光性(かんこうせい)という。カメラ(アナログカメラ)の写真は、この性質を利用している。カメラのフィルムには臭化銀などが感光剤として含まれており、その感光性から写真を撮影することができる。

塩化銀の沈殿にチオ硫酸ナトリウム Na2S2O3 水溶液を加えると、チオスルファト銀(I)酸イオンを生じ、無色の水溶液となる。

AgCl + 2Na2S2O3 → [Ag(S2O3)2]3- + 3Na+ + NaCl

イオン化傾向[編集]

銀はイオン化傾向の小さい金属であり、塩酸や希硫酸には溶けない。しかし、熱濃硫酸や硝酸といった酸化力の強い酸には溶けて気体を発生する。

熱濃硫酸: 2Ag + 2H2SO4 → Ag2SO4 + 2H2O + SO2
濃硝酸: Ag + 2HNO3 → AgNO3 + H2O + NO2
希硝酸: 3Ag + 4HNO3 → 3AgNO3 + 2H2O + NO↑