盲学校・聾学校・養護学校の学習

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

小学校中学校、または高校での生活の中で、目が見えない人が通う盲学校、耳が聞こえない人が通う聾学校、身体障害がある人が通う養護学校での教育についてあらわした。

盲学校の教育[編集]

目が見えない生徒が通うここは、職員はチャイムなどには敏感に配慮しなければならない。

聾学校の教育[編集]

耳が聞こえない人の通う学校では、一例として、黒板の上にはチャイムスピーカーと2種のランプがあり、そのチャイムが鳴ると同時に、開始なら上のボタンが、終了なら下のボタンが光るという仕組みがあるところがある。 沖縄では、甲子園に出場した記録を持つ、驚異的な学校があった。

養護学校の教育[編集]

総合的に身体障害がある人が通う学校では、それなりに配慮した学校が増えている。

特記項目[編集]

  • いずれも都市部はいいが、地方には学校は非常に少ないため遠すぎて通うことができなくて、やむを得ずふつうの学校に通う人もいる。
このページ「盲学校・聾学校・養護学校の学習」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。