日本大対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索
Crystal Clear action lock3.png
半保護:このページ「日本大対策」は、荒らしを理由として新規ログインユーザーおよび未登録ユーザーによる編集が一時的に停止されています。ノートで合意を形成した後、半保護の解除を依頼してください。
Wikipedia
ウィキペディア日本大学の記事があります。

本項は、日本大学の入学試験対策に関する事項である。

日本大学は旧制大学であり、歴史は古く皇典講究所が起源である。 日本の初代伊藤博文内閣閣僚(司法大臣)山田顕義などが創始者として有名。

文系は出題傾向が一定しているが、理系と芸術学部はそれぞれに特徴ある出題傾向である。

文系学部[編集]

英語[編集]

比較的問題が難しい。合格を確実にするためには、きちんと赤本の対策をする必要があるといえる。

法学部の問題では、読解力ももちろん必要であるが、それ以上に語彙力が物を言う。日頃から単語・熟語を学ぶ際、単に日本語-英語を意味で1:1対応させるだけなく、似たような表現、同義語、同じ意味で違う言い回し、前置詞などを意識して学んでいこう。

文法の理解度を問う問題が少なからず出るので長文読解での得点だけに頼るのは危険である。

国語[編集]

漢文の出題は文理学部(現代文・古文との選択)を除いてなく、他学科は現代文2題と古文1題が基本。現代文はほとんどが評論文である。

文理学部は学科の種類によって出題が異なり、人文系学科(史学科・哲学科・国文学科・中国語中国文化学科・英文学科・ドイツ文学科)では現代文2題・古文1題・選択問題1題の計4問、社会系学科(社会学科・教育学科・体育学科・心理学科)では現代文2題・選択問題1題の計3問が出題される。また、法学部では現代文の問題の一部に記述式が導入されており、漢字の書き取りや短い抜き出し記述の問題が出題される。

世界史[編集]

法学部では文章の正誤判定問題が多く出題される。

日本史[編集]

文系学部全体の共通点としていえるのは、正誤選択問題に一定の詳しい知識を伴う判断力を求められ、史料問題においては未見史料が出て来る事がある。 2013年度の文理学部入試においては大問1で平城京、平安京の地図を問う問題がでた事により、大きく傾向が変わった。 教科書で時代の流れを正確に把握することも重要だが、未見史料対策、資料集をみて遺跡や寺院、都の日本地図上の位置関係やその地域の地図の把握が必要になった。

地理[編集]

政治・経済[編集]

法学部は大問4の内、2つから3つが政治関連の問題で、問題形式は正誤である。

学部の特性から政治関連の難易度が経済に比べてかなり難しく、差がつきやすい。

ただし、出題問題に一定の傾向が見られるため、過去問はできるだけ多く解いたほうがいい。

一語一句を注視し、用語を詳しく調べるなど本質的な理解を深める努力をしたい。

数学(文系)[編集]

本学においては一部の学部を除き、文系学部でも数学受験が可能である。

法学部A方式…試験範囲は数学IAIIB(Bはベクトルと数列)である。

全問マークシート方式で解答するため、途中計算や考え方については一切考慮されない。
問題そのものは複雑ではなくセンター試験~中堅私大の基礎レベルであるが、制限時間60分に対し大問5問必答であり、1つの大問で5~7問程度答える必要があるため、センター試験数IIB並に時間的余裕が少ないのが特徴である。
よって日頃から反復・継続してこのレベルの問題をこなし、問題を見て瞬時に解法が思い出せるように練習しておきたい。
また、計算ミスでも部分点は与えられないため、確実な計算力を養いたい。理想的には5問を50分で解いて、10分は検算の時間に当てたい。

過去問も、問題そのものが簡単だからと油断せず、きちんと5問60分で時間を計ってトライしてみよう。 出題される分野は毎年満遍なく出題されるが、ベクトル、数列、積分、絶対値付きの関数は頻出である。 最後に、法学部では全て試験開始後に氏名・受験番号・選択科目のマークなどの記入を行う。そのための時間に数分とられることも忘れないでおこう。

理工学部[編集]

工学部[編集]

生物資源学部[編集]

本学の生物資源学部の入試は英語が必須であり、数学と国語のどちらかを選択、理科を1科目選択(地学は選択不可)という形式である。それゆえに数学なしでの受験が可能なため、理転者など数学が苦手な受験生も合格できる可能性はある。日本の獣医学科で数学なしでの受験が可能なのは本学のみであるため、獣医学科の競争率は例年20倍前後と非常に高い。

歯学部・松戸歯学部[編集]

医学部[編集]

医学部といえども、難問奇問が多く出題されると言う訳では無い。特に英語に関しては文系学部の方が難しい年もある。それゆえに基礎力に抜かりないようにすることが合格への近道といえる。

英語[編集]

数学[編集]

化学[編集]

生物[編集]

薬学部[編集]

マーク形式 英語は医療系の文が出されることが多い

芸術学部[編集]

英語[編集]

国語[編集]

小論文[編集]

絵や写真のみを提示して、それに対して1000字程度の論述を求めるなどきわめて独特の形式。それゆえに一般的な小論文対策では対処できない。また採点は論理性と同時に、独創性も重視されていると考えられる。