GNU Octave

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

メインページ > 工学 > 情報技術 > プログラミング > GNU Octave


Wikipedia
ウィキペディアGNU Octaveの記事があります。

GNU Octave(グヌー・オクターブ)は数値計算用の対話型インタプリタ言語です。

GNU Octaveは、C/C++言語BASICFORTRANによく似た基本文法を採用しており、いずれか1つのプログラム言語の文法を知っていれば、簡単にプログラムを書き始めることができます。

また、y=x2のグラフを、以下のわずか3行で表示することが出来る、易しい言語ですので、初心者や学生にも扱うことができます。

	x=-2:0.1:2
	y=x.^2
	plot(x,y)
Y eq x pow2.png

その一方、GNU Octaveはベクトルや行列の扱いが非常に優れており、さらに豊富な科学技術計算用の関数を持っています。 2D、3Dグラフィック、算術演算、線形代数、非線形方程式、数値積分、微分方程式、最適化、統計、金融、集合、多項式演算、自動制御、デジタル信号処理、画像処理、音声処理などは大学院レベルの関数が最初から入っています。

これらの関数は、数値解析の専門家が最先端のテクニックを駆使して開発しており、ユーザーが計算速度や精度で、これらを凌駕するのは容易ではないでしょう。

さらに、GNU Octaveは、ファイル名に関数名をつけ拡張子を'.m'とした、mファイルと呼ばれるテキストファイルによりユーザー関数を作ることが出来ます。 この関数ファイルを組み合わせることにより、大規模な数値計算のプログラムを作成することも出来ます。 C/C++、FORTRANあるいは他の言語の中で書かれたモジュールを呼び出すことも出来ます。

Octaveの最初の版は1993年1月4日にジョン・イートン (John W. Eaton)によってリリースされました。そして、現在も定期的にバージョンアップされています。

GNU Octaveは、MATLABのクローンの一つと見なされています。 つまり、GNU Octaveの文法はMATLABの文法と非常によく似ており、すこし注意してプログラミングすることで OctaveとMATLABの両方で実行できるスクリプトを書くことができます。

MATLABは商業用のプログラムなので高価ですが、GNU Octaveは、GNUパブリックライセンスのもとで無料で使うことができますし、さらにその気があればシステムを書き換えることもできます。

多くの研究者が、研究室ではMATLABを使い、自宅のパソコンにはGNU Ocataveをインストールしています。

GNU Octaveは、LINUXなどのオープンソース系UNIXで開発されてきましたが、現在ではMac OS XWindowsに移植され、インストールして使うことが出来ます。


Octave Sombrero.svg