インターネットを使う

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページではインターネットの使い方を解説します。

検索エンジンを使う[編集]

ウェブサイトを閲覧するためのアプリ、ソフトをウェブブラウザと言います。有名なものに Google Chrome, Firefox, Safari, Microsoft Edge などがあります。

ウェブブラウザを起動すると検索したい言葉を入力する欄があります。この欄を検索窓または検索欄と言います(モダンウェブブラウザでは、検索欄はアドレス欄と統合されたので、単体の検索欄はありません)。検索したい言葉を入力して、エンターキーや検索ボタンを押すとその語に関連したウェブサイトの一覧が、要約とともに表示されます。検索してくれるシステムを検索エンジンと言います。有名な検索エンジンとして Google, Bing, Yahoo! JAPAN などがあります。

インターネットの危険性[編集]

信頼できないウェブサイトからダウンロードされた実行ファイルや、怪しいメールアドレスから送られてきた添付ファイルなどはウイルス感染の危険があるため、実行してはいけません。また、住所、氏名、電話番号、クレジットカード番号やパスワードなどの個人情報を入力する際は必ず、そのウェブサイトが信頼できるものなのか確認してからにしましょう。個人情報を信頼できないウェブサイトに入力してしまうと、クレジットカードの不正利用や、なりすまし、嫌がらせなどの被害に合う可能性があります。

また、公式のログイン画面であると誤認させて、IDとパスワードを抜き取るという事案も発生しています。少しでも怪しいなと思ったら、ログイン画面のURLが公式のものと同一なものであるか確認しましょう。

パスワードは、誕生日や本名、ペットや友達、家族の名前、学校名など、推測しやすいものは使用してはいけません。パスワードは最低でも10文字以上の、大文字小文字、数字、記号をどれも含んだ文字列がいいでしょう。また、サービスごとに違うパスワードを使うようにしましょう。

そして、例え友達や親、学校の先生であっても、絶対にパスワードを教えてはいけません。

まれに、「百万人目にウェブサイトを訪れたためのお祝いがあります」、「クイズに正解したあなたに賞品があります」などと表示されるサイトがありますが、これは、クレジットカード番号やパスワードなどの個人情報を抜き取るための罠であるため、絶対に個人情報を入力してはいけません。

また、ウェブブラウザやオペレーティング・システムは常に最新バージョンのものを使用しましょう。

よりインターネットを活用する[編集]

ゲーム[編集]

インターネット上で遊べるゲームがあります。それらはブラウザゲームといいます。

計算[編集]

暦、お金、単位、健康について計算してくれるサイトがあります。また、関数電卓もあります。GeoGebraでは、関数のグラフを表示させたり、幾何学図形を作成したりといったことができます。オンライン整数列大辞典は、数列を入力すると規則性を返します。これらは数学の学習に役立つでしょう。

翻訳[編集]

DeepLGoogle翻訳では、多言語を翻訳することができます。このようなサイトは言語学習に役立ちます。 ただし、機械翻訳は特有の翻訳ミスをします。なので、あなたがで読むことのできない翻訳結果を、そのまま使うと正しく相手に意味が伝わらないことがあります。そこで、逆方向の翻訳で元通りの意味になるか確認しましょう(例:日本語からヒンディー語に変換した文章を、今度はヒンディー語から日本語に変換して意味が壊れていない事を確認する;「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている」(natsume 1906)⇒「मैं तब से पैसे खो रहा हूं जब मैं अपने माता-पिता की निहत्थे बंदूक के साथ एक छोटा बच्चा था」⇒「私は両親の非武装の銃を持った幼い頃からお金を失っています」…壊れている)。

パブリックドメイン[編集]

著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを、パブリックドメインといいます。 パブリックドメインとなった知的創作物を無料で公開、配布しているウェブサイトがあります。青空文庫国立国会図書館デジタルコレクションウィキソースProject Gutenbergなどが有名です。

法律関係など[編集]

e-gov法令検索では、憲法や法律などの法令を閲覧できます。裁判所のサイトでは、判例が閲覧可能です。また、衆議院インターネット審議中継参議院インターネット審議中継では本会議や委員会の中継や過去のアーカイブが閲覧可能です。他にも、国会会議録検索システム帝国議会会議録検索システムでは議事録が公開されています。また、(独法)国立印刷局では官報情報をインターネット配信しています。

各種統計[編集]

e-Statでは日本の各種統計が公開されています。