コンテンツにスキップ

ウィキペディアの書き方/記号や目次の使い方

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

ここでは、全角文字を使います。 実際には、半角文字で記述する必要があります。
 目次を最後に表示します。

目次 の 使い方[編集]

  <!ーー コメント 目次の使い方。 ーー> < コメント記号の使い方
 ノーウィキタグで囲むと、

<nowiki> 半角も、ウィキ コマンド記号も、文字列に なる。 </nowiki>

アンダースコア、TOC 、、という一行が、

 目次の枠組みを、表示する。
 目次の枠組みの中に、 イコール ==見出し文字列==  のなかの、文字列が表示される。


 この一行は文末にあっても、機能する。~ので、下位ページでは索引のようにもつかえる。

===目次の文字=== < 3つ半角イコールで、段サゲになる。 

目次の下にコラム指定を入れられる
{{colbegin}} コラムの範囲を始める、コラムビキン、Wiki コマンド 二重の中カッコ

  •  テスト
    * テスト < 上の、テスト という文字列を表示する、コマンド、

   コピーしてこのまま使うのがいい。

* [[ページの名前|名前空間にまだない見出し]] <上のリンクの、コマンド 
 注、ここで、存在しないページのリンクは、赤文字列になる。それを開いて、ページを編集すると、
 新しい、ページをつくれる。 (それぞれの、ウィキの、名前空間に、新しいページを作れる)

* [[Topic:名前空間の名前|リンクできる>名前]] トピックも同様、
 ウィキペディアの、名前空間は、W: 
* [[w:名前空間の名前|リンクできる>ういき名前]] 
-----
 コメント 目次の使い方。
アンダースコア、TOC 、、という一行が、
 目次の枠組みを、表示する。
 この一行は文末にあっても、機能する。~ので、下位ページでは索引のようにもつかえる。

===目次の文字=== < 半角イコールが、 目次の記号になり、 目次の文字列が表示される。

  半角マイナス記号は、区切り線を表示

#シャープをつけると、数字見出しになる。
 しかし、連続していないと、連番にならない。 ~ので、連番を期待して、かつ、変更がある、
 そのような、記事には使いやすい。


 行がぎれると、また、1番からの数字振り付けになる。
 変更や、増補、は、 A1 A2 などの、番号の方が固定して引用などにふさわしい。
 行を増やすには、 A1a などと、増やすといい。  カラムの中に、見出しがあると、どうなるか?  表示がおかしくなる。 部分編集ができなくなる。

;セミコロンから、見出し下の、コメント、説明行が書ける。 

{{colend}} 

最後の、目次 [編集]

 b1 記事、~を、書く。
 b2 もうひとつ、記事、~これ、本文で、見出しから、ここへ、飛んでくる


[[カテゴリ:音楽]] <フッタ、指定、二重カッコ 、ウィキペディアに、文字列名前の、ページがある。   ~と、云う意味。 無い場合は。赤字で表示され、それは、編集すると。 
  名前空間に、ページが作られた。 ~と、云うことになる。
  つまり、二重カッコで、新しいページが作れる。





B、それぞれの、見出し行から、部分編集ができる。

C、 最終の部分の下に、フッタ、カテゴリ、リンくが書ける



見出しを、最後に書く[編集]