コンテンツにスキップ

エスペラント/文法/名詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

エスペラントの名詞[編集]

エスペラントの名詞は、必ず-oで終わります。

名詞に性の区別はなく、単数と複数という数の区別と、主格と対格という格の区別があるだけです。

エスペラントの数[編集]

エスペラントには、単数と複数の区別があります。単語を複数形にするには、単数形の形に、-jをつけることであらわします。

(例) frago  →  fragoj

エスペラントの格[編集]

エスペラントの格には、主格と対格があります。主格は~が,対格は~をということを表します。

対格は主格に-nをつけることであらわします。

(例) frago  →  fragon

複数対格の表し方[編集]

複数形と、対格の作り方を見てきました。では、複数でもあり対格でもあるときは、どうすればよいのでしょう。

それは、-jnをつけることです。

(例) frago → fragojn

名詞の変化は、これで終わりです。