ギリシア語/名詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

ギリシャ語の名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞に分かれ、数と格で変化をします。これには幾つかのタイプがあります。もちろん例外もありますので新出単語は辞書で確認するようにしましょう。

単語の性の見分け方[編集]

  • 語尾が"ς"で終わっていれば、ほとんどの場合男性名詞です。ただ、地名の場合は女性名詞となります(例:Η Πελοπόννησος, ペロポネソス半島)。
  • 語尾が"η, α" で終わっていれば、ほとんどの場合女性名詞です。
  • 語尾が"ι", "μα", "ο"で終わっていれば、ほとんどの場合中性名詞です。

格変化[編集]

語尾が"ς"[編集]

  • 例:γιατρός(男性、医者)
単数 複数
主格 ο γιατρός οι γιατροί
属格 του γιατρού των γιατρών
対格 τον γιατρό τους γιάτρούς

語尾が"η, α"[編集]

  • 例:ταβέρνα(女性、レストラン)
単数 複数
主格 η ταβέρνα οι ταβέρνες
属格 της ταβέρνας των ταβέρνων
対格 την ταβέρνα τις ταβέρνες

語尾が"ι"[編集]

  • 例:σπίτι(中性、家)
単数 複数
主格 το σπίτι τα σπιτιά
属格 του σπιτιού των σπιτιών
対格 το σπίτι τα σπιτιά

語尾が"μα"[編集]

  • 例:γράμμα(中性、 手紙)
単数 複数
主格 το γράμμα τα γράμματα
属格 του γράμματος των γραμμάτων
対格 το γράμμα τα γράμματα

語尾が"ο"[編集]

  • 例:μήλο(中性、りんご)
単数 複数
主格 το μήλο τα μήλα
属格 του μήλου των μήλων
対格 το μήλο τα μήλα