サボテンの栽培

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栽培場所[編集]

できるだけ日光があたる場所をえらびます。露地栽培も可能ですが、フレームや温室といった栽培室があると生育がすすみます。

用土[編集]

小粒の赤玉土を主体とし、小粒の鹿沼土、微粒の軽石をまぜます。

[編集]

黒色のプラスチック鉢は土壌の温度をあげやすく、根の発達をうながします。サボテンにたいしておおきすぎる鉢は土が過湿になり、サボテンをくさらせる要因となります。

水やり[編集]

生長期間中は、鉢土がうえから1/3程度かわいたら、鉢底から水があふれだすくらいたっぷりあたえます。ただし、夏はサボテンをひやすため夕方にあたえます。

生長を休止している間はあたえる必要はありません。

植え替え[編集]

植えてから一定期間がすぎると土がふるくなり、根詰まりをおこします。そのため植え替えをおこないます。サボテンは植え替えによって生長が促進されます。

サボテンの根からふるい土をとりのぞき、根をきりつめ、あたらしい土に植え替えます。

参考文献[編集]

Wikipedia
ウィキペディアサボテンの記事があります。