スズムシの飼育法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スズムシの雄と雌

スズムシ(学名:Homoeogryllus japonicus)は、マツムシ科に属する昆虫の一種である。体長は25~72mm。日本では古くから、鳴き声を楽しむ対象として飼育されてきており、江戸時代には繁殖法までがすでに確立されていた。本稿では、スズムシを主に愛玩動物として飼育する方法について解説していく。

スズムシの入手[編集]

「スズムシを飼いたい!」、と思ったら、まずはスズムシを手に入れなければならない。野生のスズムシは、茂みの中や草原に多く生息している。この様な場所で鳴き声をたよりにスズムシを探して捕まえる、というのもいいが、体が小さく目立ちにくいスズムシを捕獲することは非常に困難である。結局スズムシを手に入れるには、ペットショップやホームセンターで販売されている物を購入するということになるだろう。

飼育[編集]

飼育の準備[編集]

容器の用意[編集]

砂の用意[編集]

[編集]

日常管理[編集]

声を楽しむ[編集]

繁殖[編集]