センター試験 化学I対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

総説[編集]

センター受験の理科科目は生物や地学などの他の科目に変えることも検討するべき。

理由は以下の通り。

1 :試験対策に時間をかけないと点数が上がりにくい。
2 :無機化学・有機化学は、生物科目と比べると、理科が苦手な人にはとっつきにくい。
3 :範囲がセンター理科の中においては広く膨大な量である。
4 :化学Ⅰ自体の難易度が高い。

なので、センター受験の理科科目は生物や地学などの他の科目に変えることも検討するべきろう。たとえば文系の国公立のセンター科目の場合は、 地学(+理科総合B:理科総合は保険) だと範囲が狭くて比較的に楽に高得点が取れるので、地学に変えたほうが無難だろう。

他にも、 “生物・物理・化学・地学” の理科4科目の中から2科目を選んでセンター受験する場合でも、無難な科目選択は “物理+生物” か “生物+地学” が安全だろう。

ただし、化学での受験がセンターおよび2次試験に必須の大学もあるので、事前に志望校の入試科目をチェックしよう。

センター化学では、2次試験用の対策をセンター試験にも活用しやすいので、2次対策をしていればセンターでも高得点を狙える。


問題[編集]

対策[編集]