テンプレート:カテゴリ準備

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


概要[編集]

カテゴリがまだ無いとき、そのカテゴリが作成されるまで一時的に他のカテゴリに所属させます。

引数[編集]

TemplateDataをご覧ください。

カテゴリが作成されると[編集]

目的のカテゴリが作成されると、そのページはカテゴリ:カテゴリ準備テンプレートが不要なページにカテゴライズされます。このカテゴリに所属しているページは、少なくとも1つ以上の目的カテゴリが整備されています。このテンプレートでカテゴライズされるカテゴリはビジュアルエディターでは編集できませんカで、常の記法に変更してください。その際は、引数1のカテゴリに所属させ、引数4がある場合は引数4を、引数4がなければ引数3をソートキーとして指定してください。引数3も引数4も指定されていない場合、デフォルトソートが指定されていることを確認し、ソートキーの別設定は不要です。

変更例[編集]

{{カテゴリ準備|日本の歴史|歴史学|てふおるとそおと}}であれば、傍線部を除去・書き換えの上、[[カテゴリ:日本の歴史|てふおそとそおと]]のようにする。

カテゴリがまだ無いとき、そのカテゴリが作成されるまで一時的に他のカテゴリに所属させます。

テンプレート引数

このテンプレートは、パラメーターを1行で記述することが推奨されています。

引数説明状態
目的のカテゴリ1

この引数のカテゴリがあればこれにカテゴライズします。

ページ必須
暫定のカテゴリ2

引数1のカテゴリが無い場合このカテゴリにカテゴライズします。引数1の上位カテゴリなどを指定してください。

ページ必須
(暫定の)ソートキー3

カテゴリごとにソートを指定している場合、この引数がソートキーとして使用されます。なお、引数4「本来のソートキー」を指定した場合、この引数は暫定のカテゴリにのみ適用されます。」

文字列省略可能
本来のソートキー4

引数3を指定していて、本来のカテゴリと暫定のカテゴリでソートキーを分けたいときに指定。これを指定すると引数3は暫定カテゴリ専用のソートキーになる。

文字列省略可能