テンプレート:コラム/doc

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Edit-paste.svg
このページは、「テンプレート:コラム」についての解説ページです。
このページを直接参照すると、リンク先変数で指定しているリンクは、呼び出されたページと違って赤リンクになる場合もありますが、リンク先を特定のページ名URLで指定し直す必要はありません。
Information icon.svgテンプレート:コラム」に関する質問等は「こちらのノートページ」に、
このページに関する質問等は「このページのノートページ」に投稿して下さい。

使い方[編集]

{{コラム|1=コラム題名|2= 

本文

}}

の書式で使います。

第1引数にコラムのタイトル、第2引数にコラム本文を書きます。

注意[編集]

タイトルまたは本文中に文字「|」があると、テンプレートの区切り文字とみなされるので、コラムテンプレート内で以降が表示不能になります。 このため、WIKI記法によるw:パイプ構文(TABLE要素のマークアップ)などいくつかの機能が現状ではコラム内では使用不可能です。

どうしてもTABLE要素をコラム内で使いたい場合は、<table class="wikitable">タグなどのHTML要素を使ってマークアップすればTABLE要素をコラム中で使うことができますが、この際、下記

{{コラム|1=コラム題名|2= 

<table class="wikitable">
    <caption>表のタイトル</caption>
    <tr>
        <th>見出し0</th><th>列見出しA</th><th>列見出しB</th><th>列見出しC</th>
    </tr>
    <tr>
        <th>行見出し1</th><td>セル1A</td><td>セル1B</td><td>セル1C</td>
    </tr>
    <tr>
        <th>行見出し2</th><td>セル2A</td><td>セル2B</td><td>セル2C</td>
    </tr>
</table>

}}

のように「1=」および「2=」をつける必要があります。この数字が無いとwikitable表示不可能になります。