テンプレート:漢字表

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


漢字を統一された書式で表示するためのテンプレートです。現在は小学校国語に限った使用を想定した仕様になっていますが、将来的に語学 (特に日本語) や中学校などの国語漢検対策などへの使用もあり得るかもしれません。

使用方法[編集]

識別符号[編集]

小学校であれば、eを、中学校であれば、jを指します。

表の最上部[編集]

引数1を指します。

  1. 識別符号+学年+topで最上部になります。
  2. 学年+startで最上部になります。
    • 現在は推奨されません。1の識別符号+学年+topであれば、それ専用に行を設けずに済むのに対し、この2では最上部単独で1行使用するためです。
    • この方法であれば、それ以降の引数は指定しないでください。
    • {{漢字表|3start}}(小学校3年)など。

表中[編集]

  • 識別符号+学年が引数1に来ます。
  • 当該学年で使用しない(表示されない)引数もその学年で使用しないものでも学年が移動になった際の移動をしやすくするため、できるだけ指定願います。
  • 引数は次の通りです。
    1. 学年もしくは表の最上部を選択(前述)。学年+startを指定した際はそれ以降の引数は入力しない。
    2. その字を指定。
    3. 音読みを指定。
    4. 訓読みを指定。送り仮名は間に-(ハイフン)を入れる。
    5. 画数を指定。
    6. 部首を指定。
    7. 用例を指定。
    8. あれば備考を指定。似た字や部首、書き順画像などの使用が想定されている。
  • 使用例
    • {{漢字表|3|悪|アク|わる-い|11|こころ|悪人、悪口}}
    • {{漢字表|3|安|アン|やす-い|6|うかんむり|安心、{{Ruby|安全|あんぜん}}}}

注意[編集]

  • 最後に表を閉じる「|}」を忘れないよう願います。

使用例[編集]

{{漢字表|1=e3top|2=悪|3=アク、(オ)|4=わる-い|5=11|6=こころ|7=悪人、悪口}} {{漢字表|1=e3|2=安|3=アン|4=やす-い|5=6|6=うかんむり|7=安心、{{Ruby|安全|あんぜん}}}} |} で、

字形( ) 音読み( ) (くん)読み 画数( ) 部首(ぶしゅ) 用例(ようれい) 備考(びこう)
(wikt) アク、(オ) わる-い 11 こころ 悪人、悪口


(wikt) アン やす-い 6 うかんむり 安心、安全(あんぜん)


その他[編集]

テンプレート:Anchorを内蔵しています。[[当該ページ#当該漢字]]ページ内であれば[[#当該漢字]]でその漢字へ移動できます。

TemplateData[編集]

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

漢字表

漢字を統一された書式で表示するためのテンプレートです。現在は小学校国語に限った使用を想定した仕様になっていますが、将来的に語学や中学校などの国語、漢検対策などへの使用もあり得るかもしれません。

テンプレート引数

このテンプレートは、パラメーターを1行で記述することが推奨されています。

引数説明状態
学年もしくは位置1

表示形式を設定する引数です。1~6が小学校の学年になります。それらに「start」を付ける(例:「1start」)と、最上部になります。

3
不明必須
字形2

字そのものを指定します。

不明推奨
音読み3

当該漢字の音読みを指定します。

アン
不明推奨
訓読み4

当該漢字の訓読みを指定します。

やす-い
不明推奨
画数5

当該漢字の画数を指定します。

6
不明推奨
部首6

当該漢字の部首を指定します。

うかんむり
不明推奨
用例7

当該漢字の用例を指定します。

安全、安心
不明推奨
備考8

備考を'''あれば'''指定します。似た字や部首など使い方は無限大です。

不明省略可能