テンプレート:節リンク

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


概要[編集]

節へのリンクを簡単に設置します。なお、節にとどまらず、テンプレート:Anchorなどにも使用いただけます。

長所[編集]

節へのリンクを作る際、同じ文字や単語を2度も書くのは手間です。ましてや長くなるとパイプの左右で差異が見られたり、大量に生産する時はあたかもロボットのように同じ動作をしなければならなくなります。そのような場合に適しています。

短所[編集]

ページや節の名前によっては、本来短く済む部分を長くしてしまう場合が十分考えられます。

参考例[編集]

#概要
[[#概要|概要]]
{{節リンク|概要}}
このような場合、量産する際に手間がかかるなどの理由でなければ、テンプレートを使用する必要はありません。
日本史/近代#日本政府や日本の人々のこの事件に対する認識並びに行動
[[日本史/近代#日本政府や日本の人々のこの事件に対する認識並びに行動|日本政府や日本の人々のこの事件に対する認識並びに行動]]
{{節リンク|日本史/近代|日本政府や日本の人々のこの事件に対する認識並びに行動}}
これほどまでに長い節名はなかなかつけられることはありませんが、このような場合はテンプレートが圧倒的に有利でしょう。

引数[編集]

お手数ですが、#TemplateDataをご覧ください。

使用例[編集]

    • {{節リンク|概要}}
    • 概要
      • {{節リンク|概要|reveal=1}}
      • #概要
    • {{節リンク|小学校・中学校・高等学校の学習|資料|参考}}
    • 参考

TemplateData[編集]

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

節リンク

節へのリンクを貼る際の手間を削減します。

テンプレート引数

このテンプレートは、パラメーターを1行で記述することが推奨されています。

引数説明状態
別ページのページ名1

別ページにリンクを貼る際は、そのページ名を。ページ内でリンクをする場合は、このページ内での節名を。

ページ必須
別ページの節名2

別ページにリンクを貼る場合は、その節名を。ページ内でリンクを貼る場合は、指定しないこと。

内容省略可能
外見3

リンクに表示される文字列を指定したい場合にのみ指定してください。

内容省略可能
#reveal

引数3を指定していない時、何らかの値を指定すると、表示される文字列の前に#をつけます。この引数にallを指定すると、リンク先そのものが表示されます。

文字列省略可能