トランプ/クロンダイク

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアクロンダイクの記事があります。


クロンダイク(ソリティアとも[注 1])はトランプゲームの1つです。1人遊びの定番です。WindowsのPCにはデフォルトで搭載されています[注 2]

基本的なルール[編集]

所要[編集]

  • プレイ人数
    • 1人
  • 使用カード
    • ジョーカーを除く52枚

手順[編集]

クロンダイクの例
  1. 場に、1列目には1枚、2列目には2枚、…7列目には7枚、と7列に計28枚のカードを裏向きに並べますが、一番上のカードは表向きにします。残りの24枚は山札とします。
  2. 山札はいつでも1枚ずつめくる(場合によっては3枚ずつで、3枚めくりのときはめくれるのは3枚のうち一番上のカードで、上のカードがなくなれば下のカードがめくれる)ことができます。山札がなくなれば残っているカードを再利用します。
  3. 表向きのカードには、ほかの表向きになっているカードや山札のうち、数字が1小さい異なる色のカードを重ねることができます。Aには何も置けません。
  4. 空いた列にはKを置くことができます。同じように数字が1小さい異なる色のカードを重ねることができます。
  5. 組札にはマークごとにごとにA→2→…→Kの順に、めくった山札の一番上または場札の表向き部分の先頭のカードを置くことができます。
  6. こうして組札にすべてのカードを移動できればクリアです。

注釈[編集]

  1. ^ WindowsのPCにデフォルトで入っていたクロンダイクのソフトの名前が「ソリティア」だったことに由来。本来は一人遊びを意味するため、厳密には誤用。
  2. ^ Windows 10のPCの場合、「Microsoft Solitaire Collection」というソフト内で遊ぶことがでます。

関連項目[編集]