トランプ/ダウト

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアダウトの記事があります。


ダウトはトランプゲームの1つです。他人のウソを見抜きつつも、自分のウソがバレないようにしましょう。

基本的なルール[編集]

所要[編集]

  • プレイ人数
    • 3~8人ほど
      • おすすめは4~6人ほど
  • 使用カード
    • ジョーカーを除く52枚

手順[編集]

  1. 親はすべてのカードを均等に配ります。
  2. 順番を決め、順番に「1」「2」「3」…と宣言しながら手札からカードを1枚または複数枚(1枚のみとするルールもあります)出していきます。「13」までくると1に戻ります。このとき、必ずしも「1(A)」「2」「3」…を出す必要はありません。パスはできません。
  3. ほかのプレイヤーは、宣言通りの数を出していないと思ったら「ダウト」と宣言することができます。複数人がダウトをかけた場合は、最も早く宣言した人が有効となります。
  4. 出されたカードに「ダウト」がかけられた場合、そのカードをめくって確認し、宣言した数でなければ(複数枚出したときは1枚以上含まれていれば)「ダウト成功」となり、今まで場に出たカードはすべてダウトをかけられた人のものとなります。宣言した数だった場合は(複数枚出したときはすべて宣言した数ならば)「ダウト失敗」となり、今まで場に出たカードはすべてダウトをかけた人のものとなります。
  5. こうして、最も早くカードがなくなった人が勝ちです。

関連項目[編集]