トランプ/ハーツ

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアハーツの記事があります。


ハーツ(ハート・ブラックレディ)は、トランプゲームの1つです。Windows 95からWindows 7までのWindows パソコンに標準搭載されています(Windows XPまではインターネットハーツも搭載されていました)。

基本的なルール[編集]

所要[編集]

  • プレイ人数
    • 3~6人ほど
      • おすすめは4人
  • 使用カード
    • 4人
      • ジョーカーを除く52枚
    • 3人
      • ♣2を除いた51枚
    • 5人
      • ♣2と♦2を除いた51枚
    • 6人
      • ♣2・♦2・♣3・♦3を除いた51枚

※♥のカードは抜かないようにします。

  • カードの強さ
    • 台札のマークの A > K > Q > J > 10 > 9 … > 2 > 台札以外のマークのカード(数字は関係なし)
  • カードの点数
    • ♥のカード13枚:各マイナス1点
    • ♠Q:マイナス13点
    • 他:0点

基本的な手順[編集]

  1. 親はすべてのカードを配ります。
  2. 定められたプレイヤー(4人の場合、♣2を持っているプレイヤー)が手札から1枚、場に表向きに出します(台札)。
  3. その後、時計回りでカードを出していきます。最も強いカードを出した人が(強さは上参照)、すべてのカードを獲得します(とったカードはわきに置いておきます)。
    • 原則、同じスート[1]のカードを出さなければならない。ただし、同じスートのカードが無い場合はどのカードを出しても構わない。
  4. こうしてすべてのカードがなくなったとき、獲得したカードに含まれる、「マイナス札」の得点を計算します(上参照)。
  5. こうして、獲得したマイナス点が最も小さかった人が勝ちです。

有名なオプションルール[編集]

ハーツでは、次のようなオプションルールが存在する。

ハートブレイク
ハートは最初から出すことができないルールで、ハートを出すことができるようになること。ハートブレイクするには、次のいずれかの条件が必要である。ハートブレイク後は、誰でもハートを出すことができるようになる。
  • スートのカードがないとき
  • 手持ちのカードがハートしかないとき
シュート・ザ・ムーン
上の14枚をすべて獲得した場合は、他のプレイヤー全員にマイナス26点とするルール。

Windowsにおけるルール[編集]

  • 4人で行う。
  • マイナス札(♥、♠Q)は、1ターン目には出すことができず、出せるのは1度出されてからとなります。
  • 複数回行う場合、1度ごとに 左隣の人と3枚カードを交換する→右隣の人と3枚カードを交換する→正面の人と3枚カードを交換する→交換しない を繰り返します。
  • 誰かがマイナス100点に到達した時点で、順位を決定します。

脚注[編集]

  1. ^ 場(最初に出した人)と同じマークのこと

関連項目[編集]