トロンボーン/スライドポジション

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トロンボーンはスライドによって音程を変更する構造を採用しており、隣り合う音同士の境が曖昧と言えます。以下に示す基準もあくまでも目安であり、最終的にはブレスコントロールや細かいスライドの操作など、演奏者の音感による調整が必要となります。

ポジションについて[編集]

ポジション1[編集]

最もスライドを収めた状態となります。基本的にこの状態でチューニングを行います。演奏者によっては親指などを用いて、少し余裕を持たせた状態をポジション1の基準とすることがあります。

テナーバス、バストロンボーンにおいて、ロータリーを用いるとポジションが+5または+4され、結果的にポジション1でポジション6や5の音程を奏でることが可能となります。

ポジション2[編集]

ポジション1とポジション3の中間地点と形容される状態です。

ポジション3[編集]

スライドの持ち手部分をベルのふちの付近に移動させた状態です。

ポジション4[編集]

スライドの接続部をベルのふちの付近に移動させた状態です。

ポジション5[編集]

ポジション4とポジション5の中間地点と形容される状態です。

ポジション6[編集]

通常、腕をいっぱいに伸ばした状態です。

ポジション7[編集]

ポジション6よりも長くスライドの位置を取った状態です。通常は肩を前に押し出す、指を伸ばし延長させる、スライドと指にひもを繋ぐなどで演奏されます。

ポジションごとの音[編集]

ポジションを一つ減らすと半音高く、一つ増やすと半音低い音程が出ます。こちらで例示される音程は、B♭管トロンボーンでの音程となります。参考までにB2からB3までのB Dur上の音程は太字で表示されています。

スライドポジション表
ポジション1 B2 F3 B3 D4 F4 As4 B5
ポジション2 A2 E3 A3 Cis4 E4 G4
ポジション3 As2 Es3 As3 C4 Es4 Fis4
ポジション4 G2 D3 G3 H3
ポジション5 Fis2 Cis3 Fis3
ポジション6 F2 C3
ポジション7 E2 H2