トーク:和音

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

「和音」というタイトルの音楽の教科書は、考えにくいでしょう。 「和声学」に統合したほうがよいと思います。