トーク:白黒写真の暗室作業/フィルム現像

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

廃液の扱いについて、現像液を薄めながら流しに流して良いとの記述が数か所見受けられますが、 廃現像液は重金属及び還元剤を大量に含んでいるため、別途保存して、専門業者に廃液処理を 依頼するのが本来の手順です。 費用がかさむため、事実上アマチュアレベルでは流してしまう事が多いとは思いますが、 教科書としてはきちんと正しい手順も合わせて示すべきと思うのですがいかがでしょうか? --Nycity 2008年11月15日 (土) 16:25 (UTC)