ハイブリッド・アート

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハイブリッド・アートとは美術と様々なフィールドの要素を融合したヒューリスティクスな非定型的な芸術のことである。

ハイブリッド・アートの概念[編集]

現代美術、メディアアート、パフォーマンスアートまで、インターデシプリナリーな多様性と最先端の技術の複合、再統合の反復により生み出される芸術を社会学者の松本良多 (Ryota Matsumoto)は複合芸術 (ハイブリッド・アート)と定義した。その概念は従来のエクレクティクなクリエイテビティの広義なフレームワークにとどまらない。ドナ・ハラウェイ (Donna Haraway)のサイボーグ理論をはじめとする科学や哲学、幅広い様式からのマルチバレントな要素をとりいれ、伝統的な芸術のタイポロジーの延長線上ではなく、むしろそのコンセプトを再定義する脱領土化と生成の複合性を焦点においた美術である。

ハイブリッド・アートの美術家[編集]

バイオアートのアーティストであるエドゥアルド・カック (Eduardo Kac)、ポストヒューマニズムを具現化したステラーク (Stelarc)、ポストデジタルの松本良多 (Ryota Matsumoto) があげられる。

外部リンク[編集]