ラテン語の語句/働かざる者食うべからず Qui non laborat, non manducet

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

「働かざる者食うべからず」[編集]

新約聖書「テサロニケの信徒への手紙二」の章句[編集]

聖ヒエロニムスがまとめたとされる ウルガタカトリック教会の標準的なラテン語訳聖書)のうち、新約聖書の「テサロニケの信徒への手紙二」3章に、聖パウロがキリスト教の信者たちに対して、怠惰な生活ぶりを戒める箇所がある。下に、該当する3章6節~12節を掲げる。

ラテン語訳(ウルガタ) 和訳
3:6 denuntiamus autem vobis fratres in nomine Domini nostri Iesu Christi ut subtrahatis vos ab omni fratre ambulante inordinate et non secundum traditionem quam acceperunt a nobis
3:7 ipsi enim scitis quemadmodum oporteat imitari nos quoniam non inquieti fuimus inter vos
3:8 neque gratis panem manducavimus ab aliquo sed in labore et fatigatione nocte et die operantes ne quem vestrum gravaremus
3:9 non quasi non habuerimus potestatem sed ut nosmet ipsos formam daremus vobis ad imitandum nos
3:10 nam et cum essemus apud vos hoc denuntiabamus vobis quoniam si quis non vult operari nec manducet
3:11 audimus enim inter vos quosdam ambulare inquiete nihil operantes sed curiose agentes
3:12 his autem qui eiusmodi sunt denuntiamus et obsecramus in Domino Iesu Christo ut cum silentio operantes suum panem manducent


(編集中)

si quis non vult operari, nec manducet / もし誰かある者が働くことを欲していないならば、食べるべきでもない[編集]

  • 名言sī quis nōn vult operārī, nec mandūcet 
    「もし誰かある者が働くことを欲していないならば、食べるべきでもない」 
    •  接続詞 「もし~ならば」
    • aliquis 不定関係代名詞 「誰か、ある人」
      • > sī + aliquis ⇒ sīquis 「もし誰かある者が」
    • nōn 否定詞 「~ない」
    • volō, velle, voluī 不規則動詞 「欲する、望む」
      • > 3人称・単数・現在・能動・直説法 vult 「欲している、望んでいる」
    • operor, operārī, operātus sum デポネンティア動詞 「働く、労働する、骨折る」
      • > 現在・能動・不定法 operārī 「働くこと」
    • nec 接続詞 「そして、~ない」
    • mandūcō, mandūcāre, mandūcāvī, mandūcātum 第一活用 他動詞 「食べる」
      • > 3人称・単数・現在・能動・接続法 mandūcet 「食べるべし」

英訳は、欽定訳聖書King James VersionBible2 Thessalonians )では、

if any would not work, neither should he eat (もし誰かが働く意思がないのならば、食べるべきでもない)とされ、

ウィキペディア英語版では、

He who does not work, neither shall he eat(働かない者は、食べるべきでもない)

となっている。


(編集中)

Qui non laborat, non manducet / 働かざる者は、食うべからず[編集]

  • 名言・格言Quī nōn labōrat, nōn mandūcet
    「働かない者は、食べるべきではない」 
  • 参考文献Mottoes (1986) (英訳は Who labors not eats not となっている)
中世フランスのルイ11世からシャルル8世の時代の外交官で、『回想録』の作者として知られるフィリップ・ド・コミーヌ[1]Philippe de Commines) の言葉とされている。
  • 意味: 上述の聖書の一節と大意は同じだが、格言・標語として分かりやすいようにシンプルな表現になっている。

ウィキペディア英語版の

He who does not work, neither shall he eat(働かない者は、食べるべきでもない)

に近い表現になっている。


(編集中)

脚注[編集]

  1. ^ コミーヌとは - コトバンク

関連記事[編集]