ラテン語 接続詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

ラテン語>接続詞

接続詞[編集]

ラテン語の接続詞は、人称時制などのいずれによっても変化しないので覚えやすい。


以下に主要なものを例示する。

an[編集]

  • ~であるか、それとも~か

at[編集]

  • しかし、~にもかかわらず。

atque[編集]

  • そして

aut[編集]

  • または
    • aut A aut B A又はB(のいずれか)

autem[編集]

  1. しかし
  2. 一方で
  3. さらに

dum[編集]

  • さて、ところで

dummodo[編集]

  • ~である限り(so long as)

enim[編集]

  • たしかに

ergo[編集]

  • その結果、それゆえに、故に。
    • Cogito ergo sum. 我思う、故に我あり(デカルト)

et[編集]

  • (等位接続)~と
    • et cetera
    • et arma et verba (言葉も武器も)

igitur[編集]

  • 故に(therefore)。

nam[編集]

  • なぜならば(for)。

ne[編集]

  • ~しないために。

nec,neque[編集]

  • ~もまた、・・・でない(neither)
    • nec(neque) A nec(neque) B AもBも~でない。

nisi[編集]

  • もし、~でないならば(unless)

postquam[編集]

  • ~の後に(after)

quam[編集]

  • ~よりも(than)

que[編集]

-que

  • ~と、及び(cf.-ve)

quia,quod,quoniam[編集]

  • なぜならば(because,since)

sed[編集]

  • しかし(but)

seu[編集]

  • または(or)

ut[編集]

  1. (接続法)~すること(that)
  2. (直説法)~と同時に

utrum[編集]

  • anとともに、utrum A an B  AかBのいずれか(=whether A or B)

ve[編集]

-ve

  • ~または(cf.-que)

vel[編集]

  • ~または