ラテン語 疑問代名詞・関係代名詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

ラテン語 > 代名詞 > 疑問代名詞・関係代名詞

関係代名詞・疑問形容詞・疑問代名詞の格変化[編集]

関係代名詞・疑問形容詞・疑問代名詞は、互いに格変化が似ている。まず、関係代名詞と疑問形容詞の格変化は全く一緒である。次に、この二つと疑問代名詞であるが、男性については単数主格が、女性については単数主格・単数対格・単数奪格が、中性については単数主格・単数対格がそれぞれ異なるが、その他は一緒である。

数・格\性 男性 女性 中性
単数 (singulāris) 主格 (nōminātīvus) quī / quis quae / quis quod / quid
属格 (genitīvus) cuius cuius cuius
与格 (datīvus) cui cui cui
対格 (accūsātīvus) quem quam / quem quod / quid
奪格 (ablātīvus) quō quā / quō quō
複数 (plūrālis) 主格 (nōminātīvus) quī quae quae
属格 (genitīvus) quōrum quārum quōrum
与格 (datīvus) quibus quibus quibus
対格 (accūsātīvus) quōs quās quae
奪格 (ablātīvus) quibus quibus quibus

呼格は主格と同じ。

※関係代名詞・疑問形容詞 / 疑問代名詞