ルービックキューブ/回転記号

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

回転記号とは、ルービックキューブの手順を記述するときに使用される記号である。この記号を用いると手順を簡潔に書き記すことができる。

記号[編集]

上面の回転(U)
前面の回転(F)

各面の回転を表す記号として、BDFLRU の6文字が使用される。6文字は各面に対応している。

  • B - Back(後面)
  • D - Down(下面)
  • F - Front(前面)
  • L - Left(左面)
  • R - Right(右面)
  • U - Up(上面)

これらの文字が単独で使用された場合、その面を時計回りに90度回転させることを意味する。

180度回転させる場合には F2 のように後ろに 2 をつける。反時計回りに90度回転させる場合には F' のように ' をつける。

他に180度回転のとき U2 のように 2 をつけたり、反時計回りの回転のときに U- のように - をつけることもある。

中央の列のみを回転させる動作(スライスという)の回転記号には統一されたものがない。

使用例[編集]

操作前
操作後

操作前のキューブに対して、URU'R'U'F'UF という操作(緑の面を前とする)を行うと操作後の状態となる。