中学受験社会/公民/国際問題

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メインページ > 小学校・中学校・高等学校の学習 > 中学受験参考書 > 中学受験社会 > 中学受験社会/公民 > 中学受験社会/公民/国際問題 中学受験社会/公民/国際問題では中学受験社会の公民の部分の国際問題を取り上げます。

環境問題[編集]

砂漠化[編集]

森林の伐採や、川や湖などの水の使いすぎなどの理由により、世界的に砂漠が広まっている。

中国 (中華人民共和国) でも、砂漠が広がっている。

アフリカのサハラ砂漠も、すでに砂漠であるが、さらに周辺部にも砂漠が広がっている。

地球温暖化・気候変動[編集]

ツバル[編集]

南太平洋に、ツバルという標高のひくい国がある。ツバルの標高は平均で1.5メートルしかない。温暖化などにより海面が上昇すると、国が水没する危険性がある。現在でも、あなたがこれを読んでいるこの瞬間も、ツバルでは街は水浸しになっていっている。

天然林の破壊[編集]

西暦2000年以降になっても、インドネシアやアマゾン川流域 (ブラジル) などで、天然林の大規模な伐採がつづいている。

酸性雨[編集]

生態系の破壊[編集]

都市の問題[編集]

公害[編集]

四大公害[編集]

持続可能な社会を求めて[編集]

ドイツ[編集]

ヨーロッパにドイツという国があり、工業技術の水準の高い国である。

近年、ドイツは環境保護のための政策 (ごみの分別などの徹底化) や環境のための技術 (太陽光発電など) にも力を入れている。

紛争問題、戦争、核問題など[編集]

パレスチナ問題[編集]

未記述(wp)

アメリカ同時多発テロ[編集]

ハイジャックされた航空機の衝突で炎上する世界貿易センタービル

テロとは、殺人などの暴力をつかってでも政治上の要求をおし通そうとする事を (「テロ」と) 言う。

2001年、アメリカのニューヨークで、何者かによる航空旅客機のハイジャック (航空機の機長らに武器を通して自分の思うように航空機を占領すること。普通は乗っている乗客の命を使って国などから身代金を収受するが、今回は複数のビルなどに突撃した。) によるテロ事件が起こり、多くの乗客が死んだ。その後すぐに、このハイジャック犯の正体は、アルカイダというイスラム系の過激派組織の一味だということが分かった。このアメリカでの2001年のテロ事件を アメリカ同時多発テロ などと言う。

アメリカは、このアルカイダをかくまっていたアフガニスタンのタリバン政権を攻撃し、戦争になった。


イラク戦争[編集]

アフガニスタン攻撃の後のころ、イラクには大量破壊兵器を開発しているという疑惑があった。国連はこの疑惑を調べようとしたが、イラクは国連の調査に協力的でなかった。

アメリカはイラクが大量破壊兵器を開発していると判断し、2003年にアメリカはイラクを攻撃した。これを イラク戦争 と言う。

イラク戦争ではアメリカが勝利した。ドイツやフランスなどは、イラク攻撃の理由が不十分だとして、アメリカの戦争には参加しなかった。


イラク戦争によってサダム・フセイン政権は崩壊した。しかし、イラクではフセインの独裁がなくなったことにより、それまでフセイン政権の軍事力をおそれていたテロ組織がイラクで活動するようになった。そして、イラク戦争後にイラクを占領していたアメリカ軍そのものやアメリカ軍の協力者には、テロによる多くの死者が出た。


しかし、イラクは実は大量破壊兵器を開発しておらず、国連の調査に協力しなかったのは、イラクが大量破壊兵器を開発しているように見せかけることで、イラクの国際社会への影響力を強めようとしたフセインのウソであることが判明した。

さまざまな問題[編集]

貧困問題[編集]

一般的に、中学受験する人の家庭は、比較的裕福なことが多いので、よく出題されます。

世界には、日本のように非常に恵まれた国は少なく、発展途上国が多いです。
  • 子供の貧困

2015年、世界の貧困率は、7億3600万人(当時の世界人口の約10%)となっています。

  • 貧困から子供を守るために

1989年、国連は、貧困や強制労働などから子供を守るために「子どもの権利条約」を採択しました。

難民問題[編集]

そのほかの問題[編集]