中学校保健/応急手当

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

応急手当の意義[編集]

救命措置と経過時間。心停止が3分つづくと、死亡率が50%になる。呼吸停止が10分つづくと死亡率が50%になる。

応急手当には、次のような効果がある。

  • 生存率の上昇
  • 治療後の回復を早める

心停止3分つづくと、死亡率50%になる。

呼吸停止10分つづくと死亡率50%になる。

このような理由から、心停止および呼吸停止の傷病者には、心臓マッサージ人工呼吸といった心肺蘇生(しんぱい そせい)の手当を施すことが望ましい。

心肺蘇生法は、脳への酸素供給の維持である。脳自体には酸素を蓄える能力がなく、呼吸が止まってから4~6分で低酸素による不可逆的に致命的な状態に陥る。そのため一刻も早く脳に酸素を送る必要がある。

人間の脳は2分以内に心肺蘇生が開始された場合の救命率は90%程度であるが、4分では50%、5分では25%程度となる(救命曲線を参照)。したがって、救急隊到着までの数分間(5~6分)に「現場に居合わせた人(これを「市民救助者」と呼ぶ)による心肺蘇生が行われるかどうかが救命率に大きく左右する。


応急手当の手順[編集]

1.周囲の安全を確認

二次災害を防ぐため、まず周囲の安全を確認する。もし、車の往来が激しいような危険な場所なら、事故に巻き込まれないように注意して移動する。危険な場所なら、傷病者の移動が可能であれば、傷病者を安全な場所に移動させる。

2.出血の確認

流れでるような大量の出血が有る場合は、他の手当より優先的に、止血(しけつ)する。止血法には直接圧迫止血法(ちょくせつあっぱく しけつほう)などがある。
全血液は体重の約8%であり、血液の3分の1を失うと生命の危機になる。例えば、体重60kgの場合、約4.8kgが全血液量であり、その内の約1.6kgが失われると生命が危機に瀕する。
直接圧迫法

傷口の上に、清潔なガーゼやハンカチで、強く押さえつけて止血する方法。病気の感染を防ぐため、なるべく傷病者の血に触れないように、ビニール袋を間に挟んだりする。

3.傷病者の意識の確認

意識の有無を確認する。声を掛ける。肩をやさしく軽く叩く。(肩を叩きながら相手の耳元で「大丈夫ですか!?」などと呼びかける。揺すってはいけない。反応があれば、手当を始める。反応が無ければ、周囲に大声で協力を求める。

4.応援を呼ぶ

傷病者の反応が無ければ、大声で周囲に協力を求め、たとえば「だれか、きてください。人が倒れています。」などのように、周囲の人に傷病者がいる緊急事態であることを知らせ、協力を求める。たとえ、周囲に人が見当たらなくても、声を出して周囲に呼びかける。t
協力者がいる場合
もし、協力者がいたら、まず119番(救急車)の通報を依頼する。誰に頼んだかを明確にするために、直接本人に話しかけること(そうしないと、もし周りに2人以上いるとき、2人とも勘違いで「自分以外の人が頼まれた」と思い込んで安心してしまい、そのまま相手に任せてしまい、自分はどっかに行ってしまうというミスが、ありうる。さらに、安心してどっかに行ってしまった相手を見て、残りの人が「あの人が、救急車を呼びに行ってくれた」と勘違いするミスが、連鎖的に発生する場合もある)。また、付近にAED(エーイーディー、自動体外式除細動器)があれば、協力者に持ってきてもらう。AEDをもってくるように頼む相手にも、頼む相手本人に直接、話しかけること。(勘違いで「自分以外の人が頼まれた」と思い込むミスを防ぐため)
もし、周囲の人の名前を知っていれば、「田中マサオさん、あなたは救急車を呼びに119番してください」「堀川さん、あなたはAEDを持ってきてください」のように、具体的に名前を呼んで、頼むのが確実である。
協力者がいない場合
協力者が現れない場合は、自分で119番に通報する。119番通報などで救援を要請した後、傷病者の呼吸の有無を確認する。


5.呼吸の確認

反応の無い傷病者に対しては、傷病者の呼吸の有無を確認する。確認は10秒で行う。10秒で呼吸が確認できなければ、「呼吸、なし」と判断する。しゃくりあげるような不連続な呼吸は「呼吸、なし」と判断する。
(2010年以降、呼吸確認の方法が昔と変わっています。昔は「見て、聞いて、感じて」と総合的に判断していましたが、現在では目視だけで迅速に呼吸確認を行います。)


呼吸なしの場合

呼吸なしの場合は、心臓マッサージ人工呼吸などといった心肺蘇生法を開始する。心肺蘇生法である胸骨圧迫(きょうこつあっぱく、意味:いわゆる「心臓マッサージ」のこと。)を行う。

回復体位(かいふく たいい)。いわゆる横向き寝であるが、気道確保が最重要視されている
呼吸ありの場合

呼吸が確認できた場合は、心肺蘇生の必要は無い。意識がない傷病者に対しては、傷病者を仰向け(あおむけ)に寝かせ、気道確保(きどう かくほ)を行う。気道確保のおこない方は、傷病者を仰向けに寝かせた後に、下あごを、やや押し上げる。傷病者の体位は、必要に応じて、嘔吐物が口につまらないように横向きに寝かせる回復体位(かいふく たいい)にする。


6.心臓マッサージ(胸骨圧迫)(C:Circulation)

※ 絶対に、けっして生体では練習してはいけない。模型を用いて練習すること。また、生徒だけで練習しないこと。
心肺蘇生の訓練をマネキンで行っている。
胸の真ん中に手の付け根を置き両手を重ねて、肘を真っ直ぐ伸ばし、1分間に少なくとも100回以上の速さのテンポで継続出来る範囲で強く圧迫を繰り返す。
推奨は「少なくとも5cm以上沈むように」であるが、その場で測れる訳ではないので、継続出来る範囲で「強く」で良い。訓練をうけていない救助者はAED(エーイーディー)、または救急隊到着まで胸骨圧迫(きょうこつあっぱく)だけを続ける。
補足: できるかぎり、ほかの人を巻き込む。それが出来るかどうかは天国と地獄ほどの差がある。秒単位で12345と数えてもらうとかでもよい。5秒の間に8回以上なら100回/分以上を満たしている(後述)。それに応じてもらえれば疲れたときに代わってもらえる可能性が高い。疲れてきたらまわりの人に1分間だけでも代わってもらう。「強く早く」を維持するためにも交代は必用である。
人工呼吸が出来る状況なら、胸骨圧迫30回のあとに、気道確保を行い人工呼吸2回を行う。
人命を救う勇気を持つ
心臓や呼吸が停止している場合、そのまま放置しておくと間違いなく死亡する。救急車が到着するまでに何らかの応急処置を施すだけで、傷病者の生存率は極めて高くなる。
心停止の人に胸部圧迫(心臓マッサージ)を行うと胸部の骨を折ってしまうことがあるが、骨を折ることを恐れて胸部圧迫をしなければ患者の命は失われ、二度と戻らない。一方、命が助かれば、骨が折れていてもそれは時間が経てば治癒し、骨が折れた前の状態に戻ることが可能である。この場合、後者の方が望ましいのは言うまでもない。
自身の安全が確保・確認されれば、人の命を救う勇気を持って、躊躇せずに救命手当を実施することが必要不可欠である。講習実施各機関でも「修了者は自信を持って事に当たって欲しい」と呼びかけている。
仮に救命手当を施して、蘇生後に何らかの身体傷害が残ったとしても、善意に基づくものであれば、日本では、民事上も刑事上も免責されるとするのが法学者の通説(緊急避難行為)であり、警察庁や総務省,[消防庁、厚生労働省、日本医師会、日本赤十字社などが共同で編纂した『救急蘇生法の指針』においても免責がはっきりと謳われている(具体的には刑法(日本)37条や民法 (日本)698条などが根拠となる)。実際、日本でも救命手当てをした人が処罰されたことはない。
多くの欧米諸国では、応急処置に伴う免責を規定する「善きサマリア人の法」(英:good Samaritan law)と呼ばれる法令が整備されており、積極的な応急処置の推進の一助となっている。

しかし現時点(2019年)での日本の法律では、この「善きサマリア人の法」に当たる法律がまだ整備されておらず、応急的な救命措置に参加した者が訴訟などを起こされるリスクが残っている。実際に2000年ごろまで日本では、応急処置をした医療関係者が何度か裁判に訴えられ、その裁判で医師が責任を負わされた事例が多くあった。日本の中学高校では応急処置をするように教育するが、しかし実態は、救命措置をしたものが訴えられる可能性があるので、医師のなかには病院以外でのプライベートで急病人が発生しても応急措置をしない人も多い。そもそも日本国民が「善きサマリア人の法」を無視してきたのが悪いので、結局、日本国民が悪い。

気道確保 確保前。舌根が落ちており、気道が塞がれる(ふさがれる)ので、呼吸ができない。
気道確保 確保の方法。あごを押し上げ、頭部を後ろに傾ける。

7.気道確保(A:Airway)

訓練を受けていない市民救助者は行わなくてよい。
訓練をうけ、自信のある市民救助者の場合は、仰向けに寝かせた状態で片方の手で額を押さえ、もう片方の人差し指と中指で顎を上に持ち上げることにより行う。口の中に異物があれば除去する。

8.人工呼吸(B:Breathing)

人工呼吸
訓練を受けていない市民救助者は行わなくてよい。
訓練をうけ、自信のある市民救助者の場合は、鼻を押さえ胸部がふくらむよう息を約1秒吹き込む。この際、感染病防止の観点から専用のポケットマスク等を患者の口に取り付けることが望ましい。人工呼吸を行う間隔は胸骨圧迫30回ごとに人工呼吸2回が目安。ただしこのための胸骨圧迫の中断は10秒以内とする。


9.AEDによる除細動(D:Defibrillation)

スタンド型のAEDの例
※ 絶対に、けっして生体では練習してはいけない。模型を用いて練習すること。また、生徒だけで練習しないこと。
AEDが到着したら使用する。体が濡れていれば拭き取る。それ以外の手順はAEDの音声ガイダンスに従えば良い。公共の場に配備されているAEDは一般の人でも使えるように操作を自動化しており、電気ショックが必要であるかどうかもAEDが自動的に判断する。
AED装置の例。メーカーによって形状は異なる。写真のように、裏ぶたに白い袋がついてる場合があるが、これは電気パッドなので、外さずにAEDと一緒に傷病者の元へ持ってくる。
AED装着


日常での応急手当[編集]

傷病がひどい場合は、医療機関の診察を受けること。

  • 止血法
直接圧迫法

傷口の上に、清潔なガーゼやハンカチで、強く押さえつけて止血する方法。他人が行う場合は、傷病者の血に触れないように、ビニール袋を間に挟んだりビニール手袋をはめる。



  • 骨折の場合

骨折した部位を無理に動かさず、そして固定する。もし、通常でない方向に患部が曲がっていても、応急処置では、けっして通常の方向には戻さず、患部をそのまま固定する。

  • やけどの場合

患部を水で冷やす。できれば流水で冷やす。服の下が焼けていても、脱がさず、服の上から水などをかけて冷やす。無理に服を脱がそうとすると、やけどを負った皮膚も服と一緒に剥がれる危険があるので、服は脱がさない。 やけどの患部などに、薬品などは塗らない。

きず・けがの応急手当[編集]

重症の場合は、医師の診察を受けに行くこと。

  • すり傷、切り傷
  1. 傷口が汚れている場合は、まず、水道水で洗い流す。
  2. ガーゼを当てる。
  • 鼻血

鼻をつまんで、安静にする。

※ ティッシュなどを鼻につめるのは、手当てにはならない。また、首のうしろを叩いても、手当てにはならない。


  • やけど

すぐに、なるべく流水で冷やす。痛みがなくなるまで冷やし続ける。

※ 水ぶくれは、つぶさない。
※ 衣服などが皮膚についても、無理には、はがさない。
※ 医師の診察を受ける前までは、軟膏などの薬は、用いない。


包帯法[編集]

巻き包帯[編集]

三角巾[編集]

包帯法 三角巾 腕


RICE法[編集]

脱臼(だっきゅう)とか捻挫(ねんざ)とかをしたときは、内出血をしている。脱臼や捻挫は、RICE法(ライスほう)で応急処置できる。

まず、患部(かんぶ)を、あまり動かさすに安静にする。(Rest)
氷で冷却する。(Ice)血管が縮まるので、内出血や はれ が、おさえられる。 (※編集者へ 図を描いてください)
包帯などを巻いて圧迫する。(Compression) こうすることで、内出血や はれ をおさえられ、痛みを感じにくくなる。 (※編集者へ 図を描いてください)
幹部を心臓より高く上げる。(Elevation) こうすることで、いためた部分に流れる血液量が少なくなるので、内出血をふくむ出血量を減らせる。

熱中症の応急処置[編集]

(※ 中学の保健体育でも、発展項目として、熱中症の応急処置の一部を扱います。[1]

・もし熱中症や、それに近い症状に出会ったら、すぐに先生などの大人に相談して下さい。
・その間、熱中症の応急手当(おうきゅうてあて)は、まず冷やすことです。患者をすずしい場所に移動させてください。
そして、水(みず)でぬらしたタオルや、氷(こおり)や扇風機(せんぷうき)などで、体を冷やして(頭、わき、首まわり、太もものつけね)、患者をすずしくしてください。
・意識がはっきりしていれば、水をのませて、水分を補給します。自力で水が飲めない場合、重症なので、病院・医療機関などへ搬送してください。
・意識が無い場合や、意識障害がある場合、上記の手当てをつづけながら、一刻も早く、病院・医療機関などへ搬送してください。

熱中症の手当てについての参考文献

  • 高石昌弘、『中学校保険体育』、大日本図書、検定教科書、検定年:平成23年、平成25年再版発行

発展的記述:熱中症の応急処置のくわしい説明[編集]

熱中症の手当

熱中症の応急処置[編集]

まず、冷やすことです。

熱中症の患者は、発汗(はっかん)により塩分が不足しているため、身体の調節機能が低下しています。なので、塩水などで塩分補給も行うことも、必用です。

熱中症の症状には、おもに熱けいれん、熱疲労、熱射病がある。(熱失神を加える場合もある。)

  • 熱射病の場合

発汗の停止や、意識不明、立ち上がれない、足がふらつく、などの症状のある場合は、「熱射病」です。とても危険な症状なので、ただちに救急車を呼んでください。熱射病の場合、水分補給やスポーツドリンクを補給するよりも先に、とにかく救急車を呼ぶ必要があります。

また、救急車が到着するまでのあいだ、水分補給だけでなく、さらに、体を冷やしてください。(うちわであおぐ。氷(こおり)があれば、頭、首、わきのした、などを氷でひやす。必要に応じて、からだに水をかけてもいい。(※ 大日本図書の教科書に、からだに水をかける事が紹介されている。))


  • 熱中症の応急処置

応急手当(おうきゅうてあて)としては、まず、涼しい場所に移動させる。[2]

意識があり、はき気や嘔吐物(おうとぶつ)が無ければ、薄めの食塩水やスポーツドリンクなどを飲ませて、水分および塩分を補う。 [3]

食塩水の濃度は、みそ汁やスープ料理などの濃度で良い。みそ汁の塩分濃度が、以下に説明する0.2%濃度の食塩水の濃度と、ほぼ同じである。

※ なお、はき気があって水分補給のできない場合、点滴を受けて水分補給・塩分補給をする必要がありうるので、病院に行かせる必要があり、なので救急車を呼ぶ必要のある場合もありうる。(※ 参考文献: 学研『中学 保健体育』平成23年版、69ページ))

熱疲労の場合
暑くて、ちょっと疲れるくらいの「熱疲労」なら、塩分濃度0.2%くらいのスポーツドリンク、または0.2%塩分濃度の食塩水で、塩分をおぎなうくらいで良い。
このように、汗によって塩分が失われている場合は、塩分も補給する必要がある。塩分をふくまない水を飲ませるだけでは、あまり、熱疲労から回復をしない場合がある。
熱けいれんの場合
しかし、手足のけいれん などのある「熱けいれん」の場合は、0.9%食塩水(生理食塩水の濃度)をおぎなうこと。(0.9%濃度の食塩水のことを「生理食塩水」という。)


熱疲労、熱けいれん、どちらの場合でも、応急処置をしても回復しない場合は、救急車を呼ぶなどして、病院に行かせる。


熱中症の予防[編集]

こまめに水分と塩分を取ろう[編集]

夏場や、はげしい運動の前後などは、こまめに、水分をとることが必要です。

水分を取るとき、できれば、食塩濃度0.1%〜0.2%の食塩水でおぎなえると、理想的である。(しかし、現実には、学校で給食以外に塩分を取ることは、むずかしいだろう。)

食塩濃度0.1%〜0.2%の食塩水が、熱中症の予防に効果的ですので、たくさん汗をかく場合は、この濃度に近い食塩水を補給しましょう。(スポーツドリンクにも塩分がふくまれているのが一般的である。なので、たくさん汗をかいたあとは、スポーツドリンクを飲むのも効果的だろう。)

水道水を飲んではいけないわけではないが、しかし水道水だけを飲んでも塩分をおぎえないことは、知っておこう。

また、塩分をとらずに水分だけを取ると、体が本能的に体内の塩分濃度の低下をおそれて、水をほしがらなくなってしまう、という現象があります。(※ 参考文献: 大日本図書『中学校 保険体育』平成23年検定版、141ページ) このため、場合によっては、水道水で水分を補給することが、かえって、危険をまねいてしまう場合があります。なので、はげしい運動のあとや、熱中症が心配なときは、スポーツドリンクなどで水分といっしょに塩分も、おぎないましょう。

水分を取る際、いっぺんに水分を多めにとっても、効果は、ひくいです。また、いっぺんに水分を取りすぎると、下痢(げり)などの原因にも、なります。

なので、飲みすぎに注意して、こまめに水分を取ることが必要です。

かつて、「スポーツの練習中には、水を飲まないほうが良い」などの誤解があった。現在では、これは医学的根拠が無いとして、まちがった迷信だとして、否定されている。[4]

熱疲労のときも、0.2%食塩水やスポーツドリンクを飲むことが、応急手当になる。

なお、熱けいれん のときにおぎなう食塩水の濃度は0.9%(生理食塩水)です。(スポーツドリンクよりも塩分が高濃度。) この0.9%の食塩水のことを「生理食塩水」といいます。


  • 服装

熱中症の予防として着る服は、なるべく薄着(うすぎ)が良い。通気性と吸湿性の良い服が良い。また、帽子で日差しを減らすのも効果的である。裸での運動は、日光が直接に全身に当たるため、かえって熱中症になりやすく、裸での運動はダメ。


  • スポーツの場合の服装

薄着(うすぎ)が良い。

熱中症の種類[編集]

熱中症の種類には、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病がある。

熱失神(ねつしっしん) 
原因:血管の拡張したことの血圧低下による、脳への血液不足。
症状:失神や めまい など。


熱けいれん 
原因:体内の塩分の不足で起こる。
症状:筋肉が、けいれん。
応急手当: 生理食塩水(せいり しょくえんすい)を飲ませる。生理食塩水とは、濃度0.9%の食塩水。水1Lに食塩9gの濃度。あるいは水500mLに食塩4g〜5g程度の濃度。小さじ1杯が5gなので、つまり500mL水道水に小さじ1杯の食塩。


熱疲労(ねつひろう) 
原因:多量の発汗による脱水症状。
症状:めまいや頭痛などを起こす場合がある。
応急手当: スポーツドリンク、0.2%食塩水などを飲ませる。


熱射病(ねっしゃびょう) 
(日射病とは異なる。)
原因:高温による脳内の温度中枢の障害によって、体温調節機能が失われている。
症状:意識障害。高体温。
応急手当: 応急手当ではなく、ただちに救急車を呼ぶ。熱射病は、熱中症の中でも特に重症であり、ただちに救急車などを要請する必要がある。


脚注・参考文献など[編集]

  1. ^ 高石昌弘、『中学校保険体育』、大日本図書、検定教科書、検定年:平成23年、平成25年再版発行
  2. ^ 和唐正勝、『現代高等保健体育』(文部科学省 検定済み教科書)、大修館書店、発行:平成25年4月1日、P.61
  3. ^ 和唐正勝、『現代高等保健体育』(文部科学省 検定済み教科書)、大修館書店、発行:平成25年4月1日、P.61
  4. ^ 北側薫、『高等学校 保健体育』(文部科学省 検定済み教科書)、第一学習社、発行:平成25年2月10日、P.150