中学校国語 古文/徒然草

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仁和寺(にんなじ)にある法師[編集]

だいたいの内容[編集]

仁和寺の僧侶の失敗談。

ある仁和寺の僧侶が、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)を拝もうと旅行したが、付属の神社などを本体と勘違いし、本体である石清水八幡宮には参拝しないまま、帰ってきてしまった、という話。

兼好法師は、教訓として「ささいなことにも、指導者は、あってほしいものだ。」と結論づけている。


石清水八幡宮は山の上にあり、その山のふもとには付属の自社である極楽寺や高良神社がある。

本文[編集]

 仁和寺(にんなじ)にある法師(ほふし)、年寄るまで、石清水(いはしみづ、イワシミズ)を拝ま(をがま)ざりければ、心うく覚えて、ある時(とき)思立ちて、ただひとり、徒歩(かち)より詣で(まうで)けり。極楽寺(ごくらくじ)・高良(かうコウら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。

 さて、かたへ(カタエ)の人にあひて(アイテ)、「年ごろ思ひつる(オモイツル)こと、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊く(たっとく)こそおしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意(ほい)なれと思て、山までは見ず。」とぞ言ける。

 すこしのことにも、先達(せんだち)はあらまほしき事なり。

仁和寺(にんなじ)にいる僧が、年をとるまで、岩清水八幡宮(いわしみず はちまんぐう)を参拝しなかったので、(まだ参拝してないことを)残念に思ったので、あるとき(参拝しようと)思い立って、たった一人で徒歩で、お参りした。極楽寺(ごくらくじ)や高良神社(こうらじんじゃ)などを拝んで、これだけのものと思い、帰ってしまった。

さて(帰ったあと)、仲間に向かって、「長年の間、思っていたことを、果たしました。(うわさに)聞いていたよりも勝って、尊くておらっしゃった。それにしても、(岩清水に)お参りにきていた人が、みんな、山に登って行ったのは、何があったのだろうか。見てみたかったが、(岩清水八幡宮の)神へお参りするのが目的なので、(観光旅行ではないので)山までは見なかった。」と言ったということである。

ちょっとしたことにも、その道の指導者・案内者はあってほしいものである。

(第52段)
語釈・解説など
尊く(たっとく)こそおはしけれ。 ・・・ 係り結びになっている。「こそ」は係助詞。 係助詞「ぞ・なむ・や・か」→文末は連体形。 係助詞「こそ」→文末は已然形(いぜんけい)。
何事かありけん ・・・ 係り結びになっている。「か」は係助詞。 係助詞「ぞ・なむ・や・か」→文末は連体形。 係助詞「こそ」→文末は已然形(いぜんけい)。

冒頭部[編集]

(書き出しの部分)

 
 つれづれなるままに、日暮らし(ひくらし)、
硯(すずり)に向かひ(い)て、心にうつりゆく
よしなごとを、そこはかとなく
書きつくれば、あやしうこそ
ものぐるほ(お)しけれ。
 

(特にすることもなく、)退屈なのに任せて、一日中、硯(すずり)に向かって、心の中に次々と浮かんでは消えていく、たわいのないことを、とりとめもなく書きつけていると、妙に気持ちがおかしくなりそうだ。

ある人、弓射ることを習ふに[編集]

ある人、弓射ることを習ふ(ナラウ)に、諸矢(もろや)をたばさみて、的(まと)に向かふ(ムカウ)。 師の言はく(イワク)、

「初心(しょしん)の人、二つの矢を持つことなかれ。後(のち)の矢を頼みて、初めの矢になざりの心あり。毎度(まいど)、ただ、得矢(とくしつ)なく、この一矢(ひとや)に定むべしと思。」 と言

 わかに二つの矢、師の前にて一つをおろそかにせんと思はんや(オモワンヤ)。懈怠(けだい)の心、みづから(ミズカラ)知らずといども(イエドモ)、師、これを知る。この戒め、万事にわたるべし。道を学する人、夕には朝あらむことを思ひ、朝には夕あらむことを思ひて、重ねてねんごろに修せむことを期す。いはむや、一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らむや。なんぞ、ただ今の一念において、ただちにすることのはなはだ難き。

ある人が、弓を射ることを習うときに、二本の矢を手にはさんで、的に向かう。先生の言うには、

「初心者は(= 習い始めの人は)、二つの矢を持ってはいけない。(なぜなら、)のちの矢(= 二本目の矢)をあてにして、はじめの矢(一本目の矢)を、おろそかにしてしまう気持ちがでる。毎回、当たるか外れるかを考えず、この一本で当てようと思え。」

たった二本の矢を射るのに、先生の前で、おろそかにしよう(射ろう)と思うだろうか。(いや、思うはずがない。)(しかし、)怠け心というものは、(弓を習っている)本人は気づかなくても、生じてしまうということを、先生は分かっている。この(弓についての)教訓は、万事に通用するだろう。

(第92段)
語注など
諸矢(もろや) ・・・ 二本一組の矢。ふつう、弓道では、的に向かうとき、二本の矢を持つ。さいしょに射る矢を「早矢」(はや)といい、つぎにいる矢を「おとや」(弟矢、乙矢)という。
なほざり(なおざり) ・・・ おろそかにしてしまうこと。本気でないこと。
懈怠(けたい) ・・・ なまけ心

作者の兼好法師について[編集]

兼好法師は、鎌倉時代の人物。

本名は、卜部兼良(うらべ かねよし)。

はじめは、卜部家が代々、朝廷に神職として仕えていたので、兼好法師も後二条天皇に仕えていたが、のちに兼好法師は出家した。

京都の「吉田」という場所に住んでいたので、吉田兼好(よしだけんこう)ともいう。