中高一貫校生活ガイド

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


Icon tools.png このページ (中高一貫校生活ガイド) では、中高一貫校生活ガイドについて説明します。なお、独自研究や中立性を欠いた文章を含んでいる場合があります。独自研究の中には多くの場で共有されている意見もあれば、少数の意見もありますのでご注意ください。


中高一貫校の生活[編集]

公立中学との違い[編集]

一般的に、公立中学は週5日制(土日休み)ですが、中高一貫校では週6日制(土曜日も授業があり、日曜日のみ休み)であることがあります(その場合、土曜日は午前で授業が終わることが多い)。また、中学生から「大学受験」を意識しなければならず、授業を前倒しで行うことがあります。また、公立中学とくらべて部活にはそれほど力を入れていないことが多いです。


時間の使い方[編集]

大半の人が電車を使用して通学していると思います。その通学している間の隙間時間を有効活用しましょう。例えば英語の単語帳など覚えること中心の教材を使って勉強をしましょう。立ちながらでもハンディサイズの教材であれば学習できます。英語の場合、話すことも重要なので、家に帰ったらスピーキングやリスニングの練習もしましょう。ただし、歩きながら教材を見る行為は危険ですのでやめましょう。また、休日などは、ゲームやスマートフォンに手が出てしまうのは分かりますが、勉強をしっかりと終わらせてから、遊びましょう。決して、遊びながら勉強をしてはいけません。中高一貫校に通っているとより時間が貴重ですから、公立校よりもなおさら気をつけなければなりません。

寮生活[編集]

場合によっては、学生寮に入ることもあるでしょう。


厳しいものかもしれませんが[編集]

中高一貫校での生活は、勉強時間、通学など厳しいものかもしれません。しかし、その先にゴールはあります。それでも、どうしても耐えられない場合は親などに相談しましょう。