倉頡輸入法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

倉頡輸入法の特長[編集]

倉頡輸入法はパソコンで最初の中国語入力方法で、1976年に朱邦復氏によって開発された。ただいま、中国語の入力方法は100種を超えたが、それぞれの特長がある。一般的にいうと、倉頡輸入法は簡単に理解できない入力方法と思われている。その理由として、複雑な規則、低品質の教科書などがある。ただし、品質のいい教科書を読みながら、十分に練習すれば、難しいことではないだろう。

倉頡輸入法の最大のメリットといえば、高い普及率である。最初の入力方法だし、開発者の朱氏も専利権を放棄したので、いま、倉頡輸入法はほとんどのパソコンと電子辞書に内蔵される。一方、ほかの多くの入力方法はいろいろな問題がある。ただし、倉頡輸入法の構成要素(字根)が長い、打ち間違いの許容がない、ショートカットキーがない、符号を簡単に入力する方法がない短所がある。高頻度の漢字を入力するとき、やはりほかの入力方法より効率が低いと思われている。


この教科書の特長[編集]


倉頡輸入法の概要[編集]


教科書の目次[編集]



Wikipedia
ウィキペディア倉頡輸入法の記事があります。