催眠術

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア催眠術の記事があります。


まえがき[編集]

あなたは催眠術と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか? 「人を一瞬にして眠らせる技術」でしょうか。それとも「実際には存在しない怪しげな術」でしょうか。 催眠術という言葉自体は、多くの人に知られていますが、内容については数多くの誤解が存在します。例えば次のようなものです。

  • 催眠術にかかると意識が全く無くなる
  • 催眠術を使って人を殺すことができる
  • 催眠術を使えば人を操ることができる

これらはすべて誤りです。本書では催眠術に対する誤解を解くために「催眠術とは一体なんなのか」詳しく解説していきます。

ちなみに後に詳しく述べますが、日本で催眠術が広まり始めたのは明治末期からです。その時代に出版された書籍である「催眠術」の前書きには次のように書かれています。

  • 我が国にて誤解せられたものは随分多くあるが催眠術はまた確かにその誤解せられたもの、一つである 花沢浮州 著 催眠術(1902年出版)【一部改変あり】
  • 一般には何か魔術か手品でもある様に思われて居る 花沢浮州 著 催眠術(1902年出版)【一部改変あり】

2021年現在、100年以上経った今もこの誤解は根深く残っています。本書が誤解を払拭する一助となることを願います。

なおこの本は、催眠術のハウツー本ではありません。またフィクションの催眠術を否定するものでもありません。あくまで現実に存在する催眠術について解説したものです。

この本の読み方[編集]

まず初めに催眠術とは何かを読んでください。そこで催眠術に関することを大まかに説明しています。その中で興味のある項目があれば、目次から各項目に飛んで読んでみてください。

目次[編集]

進捗状況の凡例

00%.svg 数行の文章か目次があります。
25%.svg:本文が少しあります。
50%.svg:本文が半分ほどあります。
75%.svg: 間もなく完成します。
100 percent.svg: 一応完成しています。

関連[編集]