利用者:Nissy-KITAQ/作業場4

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

作業場です。

どこの世界でもそうですが、喧嘩はしないに越した事はありません。しかし巻き込まれることはあり得ます。対処法
ウィキペディアでの戦闘のゴールは相手を投稿ブロックに追い込むことだといわれます。 しかし直接相手を攻撃する事はできません。 KOではなくてポイント勝ちを収めるという、よくある方法です。 相手の「合法的」に相手をブロック排除する

『生か死か。食うか食われるか。相手を叩きのめす闘いの場。 それがウィキペディア。鍛錬を怠ったものは廃人となって、 ウィキペディアから去らねばならない』というスラング

※特定の人々を批判するために作ったわけではありません。ウィキストレスのないウィキペディアを目指したものです。

概要[編集]

意義[編集]

技術[編集]

  • 編集合戦

考えが違う人たちがウォッチ 多くのページで 人を押しのけてでも自分の考えを通そうと考える人もいます。

  • 目を付けられる

「自警」

  • 荒らし

戦闘の種類[編集]

  • 自警対編集者
  • 編集者対編集者

嫌がらせの手段[編集]

ウィキコンバットの基本戦術は「相手が悪いことをしているのを暴き、ブロックしてもらう」ことです。そのために誘発する事もあります。ルールを知ってる人なんかいないので、はったりを仕掛ける事も多々あります。

  • 監視

相手の動きを監視します。「投稿記録」をもとに行動確認 ページを監視し、ルール違反をしていないか監視します。

  • 煽る、罠を仕掛ける

ノートにギョッとするものです。失礼な言葉 涼しい顔をしてぞんざいに振る舞いケンカを売る。 組織の方がいう事を聞かない会社に銃弾を打ち込む事がありますが、あれに近い効果があります。攻撃 テンプレートを貼る  

  • サブアカウント

アカウントを多く作っている人もいます。それを暴く事で 造らない事です。

コンビネーション

「打たせて取るピッチング」という奴です。ルール違反の揚げ足を取って煽る方法です。 盲点「キルゾーン」に追い込む。追撃が有効

  • キルゾーンの一例

GFDL

テンプレート テンプレートを勝手にはがすのは

会話消去

SP

オペレーション[編集]

オペレーションは大抵は一気にカタがつく事が多いです。

  • 削除依頼

Wikipedia:削除依頼 ページ

  • 即時削除
  • 投稿ブロック依頼

証拠が集まったら投稿ブロック依頼に提出する事が出来ます。「怖い人たちに投稿ブロック排除してもらおう」という訳です。管理者掲示板で「ブロックして!」とかく Wikipedia:投稿ブロック依頼

  • 2ちゃんねる
  • ブロックされたら

ソックパペットはダメ

どう対処するか[編集]

  • 落ち着いて対処する 精神の平穏を保つ
  • 事態を分析する 
  • 相手の情報を収集する

人の基調 ネット 

  • 話し合う

ノート

  • 荒らし対処

Wikipedia:荒らし Wikipedia:保護依頼

  • コメント依頼

Wikipedia:コメント依頼

  • 武器

Wikipedia:善意にとる Wikipedia:礼儀を忘れない Wikipedia:荒らしを侮辱しない Wikipedia:腕ずくで解決しようとしない

  • 状況判断

自分と相手、コミュニティの3者の関係性を正確に把握することが重要です。

一つが2ちゃんねるです。案外多くの人が見ています。自分の関わった記事が載っているか、それに対する対応(ただし、ソックで水増ししてることもよくある)特に管理者さんや小手半の人々を敵に回さないように情報戦を行う場合もあります。

サブカルチャーは狙われている[編集]

サブカルチャー アイドル狩り

どうすればいいのか[編集]

  • 資料を集める
  • 人数で主張する

テスト[編集]

タイトル(題) タイトル(題):表示したい文字列
Information icon.svg 表示したい文字列
Icon tools.png 文字列の例
Icon tools.png 文字列の例
Information icon.svg 表示したい文字列をお読みください
Information icon.svg 表示したい文字列

テンプレート:Lこお

Information.svgこんにちは。メッセージどうもありがとうございます。

さっきから、こういうやり方は されます。Wikipedia:善意にとる、Wikipedia:礼儀を忘れない、Wikipedia:荒らしを侮辱しない、Wikipedia:腕ずくで解決しようとしないをお読みください。