単結合のみの炭化水素

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高等学校化学 > 有機化合物の構造・性質 > 単結合のみの炭化水素

単結合の炭化水素[編集]

これから紹介する分子は炭化水素のうち二重結合や三重結合を含まないもので、また、炭素が環状になっていない化合物です。このような化合物を総称してアルカンまたは脂肪族炭化水素と言います。

直鎖アルカン[編集]

まずは、例として直鎖アルカンの表を載せます。

直鎖アルカンの表
名前化学式異性体の数沸点融点
メタンCH40−162℃−183℃
エタンC2H60−89℃−183℃
プロパンC3H80−42℃−188℃
ブタンC4H102−0.5℃−138℃
ペンタンC5H12336℃−130℃
ヘキサンC6H14569℃−95℃
ヘプタンC7H16998℃−91℃
オクタンC8H1818126℃−57℃
ノナンC9H2035151℃−54℃
デカンC10H2275174℃−30℃

このようになります。では先に名前を出してしまいましたが直鎖アルカンとはどのようなものなのでしょう。言葉で説明すると化合物中の炭素原子と結合している炭素原子の数が一つであるアルカンを直鎖アルカンといいます。

では、項目を一つ一つ見ていきましょう。  まず、名前について見てみます。それぞれの名前には共通点があることが分かります。メタン、エタン、プロパン、…語尾がanで、終わっています。この表には載っていませんが炭素の数が増えても同じことが言えます。C100H202はヘクタンという名前です。

次に化学式の項目を見てみましょう炭素原子の数が1個増えるごとに水素原子が2個増えているのがわかります。これを式にするとCnH2n+2と、表すことができます。(このように似たような種類の分子をまとめてあらわす式を一般式といいます。)