コンテンツにスキップ

古典文学/古典文法/形容詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

形容詞は物の性質を表す言葉。以下の2種がある。

  • ク活用
  • シク活用

活用[編集]

形容詞には本活用とカリ活用(または補助活用)の二つの活用がある。カリ活用は下に助動詞が接続したときに用いる。

ク活用[編集]

ク活用の語は「高し」「寒し」などのように客観的な状態を指す語が多い。また、現代語と比べて意味の変化も少ない。

活用形 本活用 カリ活用
未然形 (く) から
連用形 かり
終止形
連体形 かる
已然形 けれ
命令形 かれ

シク活用[編集]

シク活用の語は「かなし」「楽し」など主観的な心情を表す語が多い。また、現代語と比べて意味の変化が大きい。

活用形 本活用 カリ活用
未然形 (しく) しから
連用形 しく しかり
終止形
連体形 しき しかる
已然形 しけれ
命令形 しかれ

活用の区別法[編集]

「(は)ない」「なる」をつけてみる。このとき、「ない」になればク活用、「しくない」になればシク活用である。例えば、「高し」に「ない」をつけると「高ない」でク活用、「うつくし」に「ない」をつけると「うつくしくない」でシク活用であることが分かる。

音便[編集]

形容詞には以下の音便がある。

  • イ音便
連体形の活用語尾が「き」から「い」になる。
例:長き夜→長い夜 をかしきこと→をかしいこと
  • ウ音便
連用形の活用語尾が「く」から「う」になる。
例:長くて→長うて(発音は「なごうて」) うつくしくて→うつくしうて(発音は「うつくしゅうて」)
  • 撥音便
カリ活用連体形の活用語尾「かる」の後に助動詞「なり(伝聞・推定)」「めり」「べし」が来るとき「かる」は「かん」となる。この場合「ん」は表記しないことが多いが発音する。
長かるなり→長かなり(発音は「ながかなり」) をかしかるなり→をかしかめり(発音は「おかしかめり」) うつくしかるべし→うつくしかべし(発音は「うつくしかべし」)

特殊な活用[編集]

奈良時代の特殊な活用[編集]

奈良時代には未然形と已然形に「け」という形があった。

  • 未然形の例:なかなかに死なばやすけむ(いっそのこと死んでしまったら、心安らかでしょう)・万葉集
  • 已然形の例:奈良の大路は行きよけどこの山道は行きあしかりけり(奈良の大通りは歩きやすいが、この山道は歩きにくいなあ)・万葉集

「多かり」[編集]

奈良時代の日本語では「おほし」に「多(おほ)し」と「大(おほ)し」の二つの意味があった。これでは紛らわしいため、平安時代には、主に和文で下に助動詞が無くても「多かり(終)」「多かる(体)」「多かれ(已)」を用いるようになった[1]

形容詞の語幹の用法[編集]

  • 感動表現
感動詞とともに用いて感動を表す。間投助詞「や」を伴うこともある。
例:あないみじ。(ああ、ひどい。) あな、ゆゆしや。(まあ、不吉ですね。)
  • 連体修飾語
格助詞「の」を語幹に直接接続して連体修飾語を作る。
例:長の別れ(長い別れ)
  • 原因・理由
助詞[2]「み」を伴って、原因や理由を述べる。形は名詞(+を)+語幹+み。
例:瀬を早み(瀬が早いので)

[編集]

  1. ^ なお、「大し」の方は形容動詞「おほきなり」が用いられるようになる。
  2. ^ 接尾語という説もある。