地政学/基礎論/海洋の概観

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地球には豊富な水が存在して海洋を形成している。その総面積は約36,072万平方キロメートルであり、これは地球上の総面積の七割である。海洋は一つに接続しているが、大陸によって太平洋、インド洋、大西洋の三大海洋に大別され、さらに大陸における地中海や沿海が含まれる。

太平洋は最大の海洋であり、面積は約16,524平方キロメートルである。さらに大西洋は面積約8,244万平方キロメートル、インド洋は面積約7,344万平方キロメートルである。これら三大海洋の他にも北極海、ヨーロッパ地中海、カリブ海、亜豪地中海、紅海、バルト海等の地中海や、ベーリング海、カリフォルニア海、オホーツク海、東シナ海、日本海、アンダマン海、イギリス海等の沿海がある。