大分大対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア大分大学の記事があります。

本項は、大分大学の入学試験対策に関する事項である。

大分大学は、大分県大分市にある総合大学である。

大分大学の入試では、センター試験は非常に大きな割合を占める。なので、大分大受験生は高校3年の春先を目安に計画的にセンター対策に取り組み、しっかりと得点できるようにしておかなくてはならない。センター・2次試験のボーダーとしては、前期センターランク60〜67%、後期60〜71%、2次試験の偏差値目安が50〜54となっており、国立大学の中では比較的易しい部類に入るが、センター試験の5〜6教科7科目という科目負担を考えると「楽に合格できる」というわけでは決してない。

また、大分大学の特徴として大半の学科で2次試験に小論文を設けている。小論文の対策としては、日頃から新聞を読むなどして教養を深め、学校や塾で添削指導を受けるなどして、最終的に課題の要求に正確に答えられる文章を書けるようになって欲しい。

なお、どの大学にも言える事ではあるが、医学部は全国的にも難関レベルである。