大阪弁/~はる

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

「~はる」の形で尊敬を表す。

五段活用[編集]

未然形又は連用形+はるの形で使われるが、大阪では後者がよく用いられる。

先輩は明日休みはるわ。 HHHHH HHH HHHHHL
先輩は明日お休みになるよ。

上一段活用[編集]

あの方は毎朝6時に起きはる。 HHHLL LLHL LHLL LLLH
あの方は毎朝6時に起きられる。

下一段活用[編集]

あの人はこれが大好物でいつも食べはる。 LHLLL HHH HHHLLLL LHL LLLH
あの人はこれが大好物でいつも召し上がる。

カ変[編集]

来(き)はる

もうすぐ来はる。 HHHL HHH
もうすぐお見えになる。

サ変[編集]

しはる

毎日庭の手入れをしはる。 LLHL HHH LHLL HHH
毎日庭の手入れをなさる。

丁寧な形[編集]

「~しはります」の形で使い、この形で使われることは多い。

明日白浜へ行きはります。 HL LLLHL HHHHHH
明日白浜へおいでになります。

過去[編集]

「~しはった」、丁寧に言うと「~しはりました」の形で

お料理を食べはりました。 LHLLL LLLLHLL
お料理を召し上がりました。

進行[編集]

「~してはる」、丁寧に言うと「~してはります」の形で

佐藤さんいてはりますか。 HLLLL HHHHHHH
佐藤さんはいらっしゃいますか。

否定[編集]

「~しはらへん」、丁寧に言うと「~しはりません」の形で

まだ来はらへん。 LH HHLLL
まだお見えにならない。