学習方法/中学校地理

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小学校社会科と中学地理との違い[編集]

中学の地理では、世界の地理、外国の地理の分野が出ます。中学地理の半分ぐらいが世界地理で、のこりの半分ぐらいが日本地理です。小学校社会科の地理学習でも、いちおう外国の地理は習いますが、小学地理の内容の ほとんどは 日本地理です。

また、中学地理では、小学校で習った知識は前提になります。参考書を読めば、中学地理に必要な小学校の前提知識は書いてあるので、特に小学の教科書や参考書を読みに行く必要はありません。まずは中学生用の教材で学んで、どうしても小学校の内容を復習する必要がある場合だけ小学校の教材で復習すれば、じゅうぶん でしょう。

中学の地理は暗記科目である。[編集]

中学校の地理では、理屈っぽいことも説明されますが、まずは重要語句や重要データや重要国の国名・地名を覚えてください。 テストで出る知識は 語句など だから、です。

教科書や参考書では、出来事の因果関係が説明され「こういった理由で、こういう政策が取られたので、こういった社会になった。」みたいな理屈っぽい説明もされます。ですが、たとえ因果関係を理解しても、あまり、入試には因果関係の問題は出ません。 定期テストにも、因果関係を記述させるような問題は、あまり出ないでしょう。

なぜ出ないのかと言えば、教育時間やテスト時間の都合上、地理の因果関係を入試で記述させるのは、高校入試では、まず無理です。 大学入試の入試選択科目の地理の問題なら、「この語句について、40字以内で説明せよ。」みたいな記述文も出る場合もありますが、高校入試では、そこまで要求されることは少ないです。 さらに言えば、そういった大学入試の記述式の問題ですら、模範解答を覚えていないと、点が取りづらいのが実情です。

高校入試などの採点方法では、どうしても「重要な用語や、重要なデータを覚えてるかどうか?」と言ったことを試験するようなテスト問題を出題せざるを得ません。

中学の地理科目だけでなく、公民科目(中3で習う)でも同様に、用語などを覚えているかが、入試では重点的に要求されます。 なので、社会科の勉強には暗記力が必要です。高校入試だけでなく、大学入試の社会科でも、暗記力は必要になります。

科目「地理」は、けっこう理屈っぽい内容の科目なので、ついつい、理屈などの因果関係を理解しようとする学習ばかりをしがちです。しかし、それでは高校入試でも大学入試でも、点が取れません。

大学入試の地理では分析的な問題も そこそこ出ますが、高校入試では暗記力を要する問題のほうが多いでしょう。

中学地理は、歴史科目や公民科目の知識も必要[編集]

「地理」だけが社会科ではなく、「歴史」と「公民」と「地理」の3科目が社会科なのです。高校入試にも、社会科は地理・歴史・公民の3科目すべてが出ます。

なので、卒業するまでに、社会科は地理・歴史・公民の3科目をバランスよく学習することを心がけてください。参考書で、地理・歴史・公民の3科目が一冊にまとまってる本も市販されてますので、まずはそのような一冊にまとめてある参考書を買って読むのも良いでしょう。

中学地理の学習で必要になるていどの歴史などの他科目の学習については、なるべく中学用の参考書などで予習するほうが良いでしょう。


たいていの中学校では、1年生のころの社会科は、地理の1科目または地理・歴史の2科目を学びと思います。1年生の社会科では、たとえ歴史・地理の2科目の学校でも、やや地理が重点的になると思います。 1年生のころは、まずは学校で習っている科目を重点的に学んでください。

ただし、1年生のころでも、学校で習う地理科目だけでなく、ときどきで良いので、できれば参考書などで歴史科目や公民科目を読んだほうが良いでしょう。

暗記の際の注意点[編集]

用語を覚えるときは、漢字で覚えてください。漢字が間違っていると入試で不正解として扱われることが多いです。問題文そのもので、「このことを何と言うか。漢字で書け。」みたいに解答を漢字で指定する事も多くあります。


とは言え、理屈っぽいことも理解しながら学んだほうが、記憶しやすくなるし、大学入試などにも役立つでしょうし(あなたが大学進学をするかどうか知りませんが)。また、学校卒業後の仕事などの後々の人生でも役に立つでしょう。

世界地理の分野では、学校の検定教科書によって、重点的に紹介している外国が異なります。 たとえば、ある教科書会社の教科書では中国以外のアジアの国としてタイを取り上げて紹介していても、他社の教科書では中国以外のアジアの国ではインドを取り上げて紹介している、というふうに。

入試では、特定の教科書出版社には合わせてくれません。なので参考書で、主要国の地理的な特徴については、ひととおり勉強をしておく必要があります。

暗記の方針の例[編集]

たとえば農産物の主要な生産国を覚えるときは、気候などと関係づけて覚えてください。たとえば、「米は熱帯の作物なので、米の生産の多い国は、東南アジアなどの熱帯地方に多い。実際に、米の輸出量の1位はタイで、2位はベトナム。」みたいにして覚えてください。 覚える際、単に因果関係を理解するだけでなく、「米の輸出量1位はタイ」みたいに暗記して覚えてください。暗記しておかないと、点が取れません。高校入試では、因果関係の記述などは、ふつうは要求されません。大学入試の地理ですら、暗記問題は多いです。

「東南アジアや東アジアは、モンスーン気候で雨が多い。」ということを知っていれば、降水量と稲作の因果関係から、米の輸出量1位のタイを覚えやすくなります。しかし、テストで出る問題は、「米の輸出量で世界1位を書け。」(答え:タイ)とか「東南アジアに多い気候で、季節的に多くの雨を降らす気候を何と言うか」(答えの例:「モンスーン気候」等。)などのような、用語を問う問題だったりします。因果関係までは、高校入試のテストには、まず出ません。

モンスーンが季節風の一種ということを覚えれば、因果関係から、これらの地方にはハッキリとした四季があったり(日本など東アジア)、あるいは雨季と乾季がある(東南アジア諸国など)、ということが覚えられます。そして、テストに出るのは因果関係では無く、「モンスーン」「雨季」「乾季」などの用語を暗記してるかどうかを見るための穴埋め問題とかです。

こういうふうに、学習時には、すこしは因果関係を把握しながらも、学習の重点は暗記に置き、用語やデータを覚えることに重点を置く勉強法が必要です。

高校入試では時事問題は出にくい。[編集]

たとえテレビのニュースや新聞などの国際ニュースや経済ニュースなどを見ても、あまり成績は上がりません。新聞やニュースなども中学地理の理解の助けになるかもしれませんが、それよりも参考書を読んだほうが早いです。

高校入試では、一部の難関校などを除けば、あまり時事問題などは要求されません。なのでニュースで時事について知っても、あまり参考になりません。たとえ時事問題が出たとしても、市販の参考書で対応が出来るていどの問題でしょう。

理系の進路を目指す中学生・高校生もいますし、中学の段階で社会科の学習にばかり学習時間を割くわけにはイカナイのです。

小学生の私立中学入試では、日頃の学習意欲の関心などを見るために入試で時事問題などの知識を要求する場合もあるかもしれませんが、高校入試は学習意欲よりも基礎的な学力そのものを見ますので、あまりニュースへの関心を見るような時事問題は出題されません。

だいたい、日々の膨大なニュースの中から、教育的に有意義な内容を見つけ出すのは、中学生には難しいです。たとえテレビなどで、さかんに報道がされている出来事ですら、数年も経てば、ほとんど世間の関心が無くなっている、なんて場合だって、ありえます。 そういった一時的な加熱報道なんかに学習時間を費やすのは、時間の無駄です。

教科書や参考書などの教材で、文中に紹介された時事的な近年の出来事は、「中学生に紹介するだけの教育的な価値がある。」と判断されて吟味された情報だけが記述されているわけです。